FC2ブログ
入門特急
さっきカレンダーを見ていてハタと気付いたのですが、「入門特急」と「奥様のためのTOEIC講座」が掲載されたEJの発売が今週末ではありませんか。だいぶ先だと思ってたんだけどなあ(←いいかげんな著者)。まあ「入門特急」の方は、同時発売の「時短特急」の著者のヒロ前田さんがしっかりしたプロモーション戦略を練られているでしょうから、「僕の本も一緒に宣伝お願いします」と後でお願いするとしましょう(←コバンザメ著者)。

といいつつも、少しは宣伝せねば。生活かかっとるしなあ。この本は、「新TOEIC TEST 入門特急 とれる600点」というタイトルで、対象は600点を目指す初級レベルの方です。新書サイズで定価¥798と大変お買い得価格です。「TOEICの申込の仕方」から始まって、全7パートの問題形式の説明や基本戦略、勉強法といったことを懇切丁寧にまとめてあります。音声ダウンロード式でCDが付いていないので、持ち運びも楽々です。えっと、他に何か書くことないかなあ。

あ、そうだ。この本の特徴は、できるだけ日本語部分を多くして、語りかける口調にしたところです。私が指導している300~500点台の学生のほとんどは、TOEICの参考書を買っても最後まで続きません。「空所の前にカンマ、後ろには主語の欠けた節が続いていることから、空所には、カンマの前のcompaniesを先行詞とする主格の関係代名詞whichが入る」といった文法説明は見ただけで気が遠くなってしまいます。そういう生徒でも何とか最後まで読めるように、「品詞問題ができないとヒンシの重傷」「動詞問題ができない、ドウシよう」といったTOEIC900点レベルのダジャレや、「タンゴと聞けば、黒猫のタンゴを懐かしく思い出す中高年」といったTOEICでは採点対象外になること確実のネタも散りばめつつ、できるだけわかりやすく説明することを心がけました。

この一年間、指導の現場で私が実感したのは、英語の基礎が全くできていない生徒にとっては、一般的にスコアが短期間に伸ばしやすいとされているパート2・5は難関だということです。そうした生徒にとっては、むしろ、公式問題集のパート3・4の「多聴+音読」で英語の回路を作ることから始めるのが600点には近道なんです。

具体的には、リスニングで安定して300点以上取れるレベル、最終的には350点以上を目指すのです。ちなみに、リスニングで300点を取る生徒の典型的な正答数は、パート1から順に、8・18・21・21といった形です。このレベルまでくれば、パート7のスコアも伸び始めます。逆に、瞬間的に応答が頭の中でつながらないと解けないパート2や、文法ルールや単語の知識が問われるパート5のスコアを伸ばすのは至難の業です。「ちゃんと」分からないとスコアを伸ばせないパートよりも、「なんとなく」分かればスコアを伸ばせるパートで頑張った方が600点には近道ですし、英語の回路を作ることは、将来の使える英語にもつながっていきます。

と、こうした指導の現場で私なりに感じたことも本の中には盛り込みました。600点を達成するためには、まずはリスニングで350点を目標に、数か月のスパンで、日々「多聴+音読」を繰り返すことが一番の近道です、というのはあまり他の600点ターゲットの本には書かれていないことかもしれません。もし私が指導の現場にいなければ、きっと、「TOEIC連続満点オタクの600点を取るためのマル秘テクニック満載」といった本になったでしょうね。私に気付きを与えてくれた何百名もの生徒と、指導の場を与えていただいたすべての方に感謝したいです。「奥様のためのTOEIC講座」の連載については明日以降に記事にさせていただきます。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
モノづくりの共通点
2/12から怒涛の16日間連続勤務が終了してほっと一息、と思ったら、EJの原稿締め切りが待っていて、落ち込んだ「ちびまる子ちゃん」のように顔に縦線が入ってしまったTEX加藤です。「このご時世に忙しいなんて文句言ってられないわよね」と奥様を憑依させて、先ほど原稿を仕上げました(EJの連載の影響か、最近たまに授業中にオカマ言葉になるのが不安な今日この頃です)。

この16日間には、単行本の仕上げ作業もあったので、「授業準備→授業→執筆→授業準備→授業→校正…」といったループの繰り返しで、頭がTOEICで飽和状態になり、移動の電車でも眠り込んでいましたが、「テックスー、TOEIC上がったよー」「テックスー、あそぼー(何して?)」「テックスー、なんで最近ミルキーくれないのー(そこかい!)」といった生徒の笑顔に励まされて何とか乗り切ることができました。生徒のみんなに感謝です。

今回、「入門特急」を執筆させていただいて感じたのは、「おもちゃも本も作る過程は同じだなあ」ということです。私の前職のおもちゃクリエイターの仕事では、企画を自分で立てたら、仕様やマーケティング計画等に関する決断を、最終的には自分で下さなければいけません。私が携わった家庭用プラネタリウムを例にとると、「本体の色や形状はどうしますか」「価格はいくらにしますか」「コストが合わないので、流星機能は削ってもいいですか」「どの程度の距離・範囲で投影できればいいですか」「惑星の投影機能は必要ですか」「宣伝媒体はどこ中心にしますか」「店頭販促物は何を作りますか」といった決断を日々多方面から求められ、それに応えなければならないのです。

本を作る作業もこれと同じで、制作過程で編集者やネイティブから求められるさまざまなリクエストに対し、迅速かつ的確な決断を自分で下さなければ、作業が前に進まなくなってしまいますし、相手の信頼を失ってしまいます。

私の場合、そうした決断を求められた際、「ユーザー目線」を判断基準にしています。自分がもしこの家庭用プラネタリウムを店頭で見たとして、いくらだったら買うだろうか、どういうデザイン・仕様だったら欲しいと思うだろうか、どういう媒体を情報源にするだろうか、といったことをできるだけ具体的にイメージするのです。本の場合は、大学や専門学校で教えている生徒たちが、もしこの本を読んだとして、この説明でわかるだろうか、600点を取るための参考になるだろうか、が判断基準になります。

こうして見ると、「おもちゃ」と「本」という一見まったく異なるように見える分野でも、モノづくりの基本って同じなのだと思います。近い将来、「家庭用プラネタリウム」や「脳トレ」の時のように、前例のないジャンルの本づくりにチャレンジしてみたいですね。「TOEIC推理小説」とかいいかもしれません。問題の正解が事件解決のヒントになるとか。お、これはええアイディアやな。小説家にゴーストライターになってもらって、ワシは問題監修だけして、「TEX加藤著」にすれば儲かるで。これは。ヒヒヒ。さっそくS藤さんに相談やな。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.