FC2ブログ
このTOEIC本がすごい!
パート7の原稿に目を通したら頭が飽和してしまったので、またもやブログ執筆に逃避しているTEX加藤です。

さて、皆さんは、「MONOQLO 2011年3月号」をお読みになったでしょうか。これは、さまざまな製品をレビューする雑誌で、普段は普通に家電等のレビューが掲載されているのですが、なぜか今月の特集の一つが、

有名教材に隠されたヒミツを大暴露!「TOEIC教材 覆面調査隊」

なんです。英語の出版物とは関係のない晋遊舎という出版社の雑誌なので、英語情報誌とは違った視点から、率直な意見が書かれていて面白いです。この雑誌の中で、神崎さんの「デルボ」が大きく取り上げられていて、そのおかげで売れ行きが伸びたそうです(読解特急への波及効果を期待する他力本願男)。

で、私がふと思ったのが、是非こういう第三者的な立場の雑誌から、

「このTOEIC本がすごい!」

というムック本を出してほしいなあということなんです。

TOIEC本の著者や出版社とは利害関係のない、全国のTOEIC指導者やTOEIC本に詳しい受験者に、実際にTOEIC本を評価してもらって、それをまとめて、「このミステリーがすごい!」のように一冊にまとめてもらえれば、受験者にとってとても役に立つと思うのです。

現状では、書店に並んでいるTOEIC本のどれがよくてどれが自分のレベルに合っているのかがまったく分からないまま、多くの受験者はTOEIC本を購入していると思います。アマゾンのレビューも、本当のユーザーの声なのか、やらせなのか、判断が付きません。ですから、こうした客観的な評価を示したガイドブックがあれば、受験者も参考書選びの際に助かると思うのです。

高い評価を得た著者や出版社にとっては今後の執筆活動の励みになりますし、著書のさらなる質の向上にもつながるでしょう。営業面でも、これだけの受験者がいて、対策本のガイドブックがないわけですから、少なくとも数万部のヒットは期待できるのではと思います。

こうした本がもし出版されたとして、ネガティブな影響を受けるのは、低評価を受けた著者や出版社だと思いますが、読者の率直な声ですから、それを真摯に受け止め、今後の出版物の質を向上させればいいだけの話でしょう。

ということで、是非晋遊舎さんには「このTOEIC本がすごい!」を出版していただきたい、と思うわけです。そんでもって出版が決まり、自分の本の評価が低かったら、大相撲のように「20万、は無理なので2万、で順位を上げてください」とせこく八百長を持ちかけたい、そう思っているわけであります。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.