FC2ブログ
マークシート
「芥川賞・直木賞候補作決まる」との記事に、「もしかして読解特急が」と思ったりはしなかったTEX加藤です。

正月休みに実家で伊坂幸太郎さんの小説を始めて読んだのですが、やっぱりプロの作家さんってすごいですね。あんな風にスラスラ読めて内容にぐいぐいと引き込まれるようなTOEICの参考書があったらバカ売れするでしょうね。私にも作家さん並みの筆力があればなあ。「ドラえもーん(完全な他力本願寺)」

そういえば、以前から疑問に思っていたのが、「TOEICのマークシートはどの程度まで読み取るのか」ということです。講師仲間の実験(名前の部分にいろいろな形でマークしてみる)によると、縦にさっと線を引く程度でも十分読み取るとのことですが、私はきれいにマークして、200問解き終わった後に解答用紙を眺め、「フフ、美しいわ」とにやけるのが楽しみ(変態)なので、残念ながら実験したことがありません。

で、他にこういう実験をした人がいるのでは、と思ってインターネットで検索してみると、「マークシートは本当にボールペンを読まないのか?」と題して詳細な実験を行った人がいるではありませんか(その貴重な実験の模様はこちら)。

この実験によると、縦線は問題なく読み取っていますね。ゲルインクボールペンの読み取り精度が高いのは驚きです。

お金持ちのETSはきっと最新の最高級読み取り機を使用していることでしょうから、先を丸めた鉛筆とか、マークシート用のシャープペンシルで縦にさっとマークすれば確実に読み取りそうです。それならマーク時間の短縮になりますね。念のため今度ヒロ前田さんに実験してもらいましょう(ここでも人頼み)。

ということで、ブログ記事で気分転換するのはここまでにして、本の執筆作業に戻るとします。伊坂さんもそうですが、作家の方は乗ってくると我を忘れて作品の世界に没頭するそうです。それくらい楽しくかつ精魂込めて執筆せんかい、と自分を叱咤激励して作業を進めます。「あードラえもんがいてくれたらなあ(←しつこい)」


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.