FC2ブログ
指導の現場から(その2)
昨日はTOEICの日だったそうですね。そんな日が存在することすら忘れていました。「今日はTOEICの日だから、みんなで問題解こうね」なんていうTOEICオタクの家庭が全国のどこかに一軒ぐらいあるでしょうかね。

さて、今日はパート2のアクティビティのご紹介です。ハイレベルの当ブログ読者のみなさんにはあまり参考にならないかもしれませんが、私の授業風景としてご覧いただければと思います。

レッスンの対象は、私がメインで指導しているリスニングセクション200~250点の生徒です。市販のTOEICの参考書に出ている「WHで始まる質問にはYes/Noは×」といった試験テクニックがまったく通用しない世界がそこにはあります。

とはいいつつも、まずはパート2で20問程度は正解できないとリスニングで300点は取れないので、何とかしなければいけません。公式問題集の応答の意味を説明し、音読・暗唱を指導の基本としているのですが、本番ではもちろんそっくりそのままは出題されないので、あえなく撃沈するケースが多々見られます。直球しか打てないので、変化球を投げられるとすべて空振りになってしまうわけです。

で、先日ふと思ったのが、彼らはパート2の応答を、会話としてとらえていないのではないか、ということです。どこの誰だか分からない外国の人同士の会話を、第三者的に聞いているだけで、自分がそこに感情移入できていないわけです。そうなると、内容に興味も湧きませんし、覚えたのと違うパターンが出題されるとまったく対応できなくなるのも当然です。

ということで考えたのが以下のアクティビティです。

Q. Where has Mr. Kato gone?
A. To see Mr. Kanzaki.

という応答パターンだとして、生徒には、

Q. ( ) has Mr. Kato gone?

と書かれた紙を渡します。冒頭の一語に集中させるためです。次にCDを流して、Qが流れたら一旦止めます。「はい、今のなんて言ってた? せーの」と言うと、「Where!」という答えが返ってきます(「わかんなかった」という生徒が多い問題は、もう一回聞かせて考えさせます)。

ここで、生徒には、会話であることを意識させるため、私が以下のようにシチュエーションを説明します。

「みんなは、アメリカの会社で働いています。で、みんなのところに同じ会社の仲間がやってきて、あれ、あなたの隣の加藤さん、席にいないけどどこにいったの、って聞かれたって想像してみてください。みんなは聞かれたんだから答えないといけないよ。なんて答えるんだろう。考えてみて」

こういった後で、A/B/Cの選択肢を流し、「はい、それじゃあ正解は? せーの」というと、「B!」と答えが返ってきます。会話のシーンがイメージできているので、To see Mr. Kanzaki.が自然な返答に感じられるわけです。

もちろん、ここまでしても間違うケースはあります。「えー、今のCream and sugar.しか聞こえなかった」といった珍解答が出ると、それはそれでクラスに笑いが起きます。「加藤さんがどこいったか尋ねられてるのにCream and sugar.はあかんで」って私もすかさず突っ込みを入れます。

そうして30問解き終わったら、最後にトランスクリプトを見て自分の間違ったところをチェックさせ、できれば一通り応答を音読して締めます。

パート2では、これまでは問題演習をしても反応がほとんどなかったのに、「これおもしろーい」「いつもよりできたー」「先生、今のCはなんて言ってたの?」「えーそんな答え方ありなのー。そんなのわかんないよ」といったセリフが生徒から活発に出ました。

この活動がスコアアップにつながるかどうかはわかりませんが、いつもは途中で失神してしまう子が、パート2を最後まで楽しんで解けたのは大きな進歩です。こうしたアクティビティを通じて、会話としてパート2を楽しむことでスコアアップできればいいですよね。パート2の応答が生きた英語表現として自分の中に取り込まれ、彼らの英語力UPにつながればいいなと思います。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.