FC2ブログ
アメの効用
大学や専門学校の授業で毎週行っている単語テストの空きスペースに、「授業の感想や要望等なんでもコメントしてください」と書いたら、いろいろなコメントが集まるようになりました。ポジティブな意見もあれば、段取りの悪さをズバリ指摘する厳しい意見もあります。学生はよく見ていますよね。全力投球で彼女たちの期待に応えられるよう頑張らないといけません。

そうした学生を相手にした私の授業の中で大活躍しているのが「アメ」です。ちょっと負荷の高い演習の合間に「アメ」を配ると、疲れていた生徒が急に元気になります。脳には糖分が必要ですし、眠そうだった生徒も集中するし、一石二鳥ですね。

もちろんアメは最初から配っていたわけではなく、たまたま授業の時に私が自分用にのど飴を持っているのを見つけた生徒がいて、「先生、それください」と言われたのがきっかけです。それを見ていた他の子が、「私も」「私も」と言うので、それだったらと思って、アメを配ったら、びっくりするくらいの反応が(笑) まさかアメが大学生に受けるとは想像もしていませんでしたが、今では「アメを配るTEX先生」のイメージがすっかり定着したようです。

アメを配っていてふと思い出したのが、レコード会社時代のあるエピソードです。

ある日先輩に、取引先のラジオ局でイベントがあるから、ケーキを買って来るように言われたんですね。で、私は何も考えずにシュークリームを10個買って先輩に渡したんです。で、翌日に先輩から、「おい、箱開けてびっくりしたぞ。お前な、こういう時は、同じのばっかりじゃなくて、いろんなケーキを買ってこいよ。人によって好みも違うし、箱を開けた時にいろんな種類があった方が、どれにしようかなあって盛り上がるだろ」って怒られたんです。そんな新入社員時代の出来事を思い出して、授業の際も複数のアメを用意するようにしています。

こうして考えると、スティーブ・ジョブズではありませんが、本当に人間の人生の点と点はつながっていますよね。英語学習とはまったく関係のないエピソードでしたが、こういう短い雑感も時折記事にしようかなと思っています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.