面倒くさがらない
これはサラリーマン時代にも感じたことですが、他の人が面倒くさがってやらないようなことを地道に続ける人がどんな道でも成功するのではと思います。これは何も英語学習や仕事に限らず、ダイエットや運動でもそうでしょう。

普通の人なら3日も続けると嫌になって投げ出してしまうような地道で単調な作業を毎日根気強く続けると、ある日ブレイクスルーが訪れるのではないかと思います。

「才能とは、一瞬のひらめきやきらめきではなく、情熱や努力を継続できる力だ」

とは将棋の羽生名人の言葉ですが、「才能とは、面倒くさがらずに努力を継続する力だ」ではないかと私は思います。

例えば、TOEICを例に取ると、新公式問題集のパート2の30の応答を全部読むのにかかる時間はたった2分半です。3回読んだとしても7分半です。それを1週間毎日続けると20回以上音読できる計算ですよね。それをやるだけでもパート2のスコアアップには相当の効果があります(もちろん、読んでいる文の意味を理解した上で、発音・スピード等に注意して読む必要はありますが)。

ところが、それは分かっていても、授業で「来週までに1日3回、20回以上音読して来るように」と指導して、ちゃんとやって来る生徒はごくわずかです。恐らく最初の1日2日は続いても、それ以上は面倒くさくなって止めてしまうのだと思います。ダイエットも同じですよね。一日の摂取カロリーを制限して、軽い運動を継続すれば間違いなく体重は減ります。ところが、それを面倒くさがらずに3カ月継続できる人はごく一握りです。

スポーツや習い事を通じて、そうした日々の努力の大切さを知っている生徒は伸びも早いと思います。実際入学して2カ月で大きくスコアを伸ばしたある生徒は、高校時代にテニスに打ち込んでいたそうです。嫌になるほどの単純な練習の継続こそが上達への近道だと分かっているのでしょう。

私は仕事で玩具を企画する仕事をしていましたが、夢があって楽しそうな仕事に見えて、実際の仕事の9割は面倒くさい単純作業なんです。商品化までに何度も投げ出したくなる瞬間もありました。ところが、「細部に神は宿る」とはよく言ったもので、面倒な部分で手抜きをした商品は、間違いなく消費者に見抜かれてしまいます。妥協を許さず、粘りに粘って徹底的に細部を詰めたモノだけがヒット商品につながるんです。

ではなぜ自分がそういう面倒くさいことを続けられたかと考えると、最大の理由は、「お客様の笑顔」という成功イメージがあったからだと思います。「もう嫌だ」と思っても、お客様の笑顔が見たいから頑張れたんですね。

なので、生徒にも、「自分がこれを続けたら、その先にはこんないいことが待っている」という成功イメージをうまく描かせることができれば、単純作業を続けさせることができるのではと思うんです。そのための方策については試行錯誤の毎日ですが、私自身がまずは成功イメージを描いて日々努力しないといけないなと思います。まずはそこからですよね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.