FC2ブログ
ほめる
今回のTOEICでは、リスニング・リーディングとも数問間違えたようです。多分スコアは980とか985だと思います。ですが、以前ほどの悔しさがなく、その分の点数が生徒の誰かにいけばいいなあと思っています。

「先生また満点?」と学校で聞かれたので、「いやあ、今回は駄目だったなあ」と言うと、「じゃあ、今回は難しかったんだ。よかった」と生徒に変な安心感が生まれたようです(笑) そういう会話ってなんかいいなあと思うんです。

もちろん、試験では全力投球しますが、990を追い求めるのは終わりのないゲームなので、今後は力を抜いて、のんびり笑顔で受験しようと思います。

話は変わって、最近改めて気付いたことがあります。

明海大学や神田外語学院では、毎週単語テストを行います。単語を覚える習慣をつけたり、単語力をつける、あるいは成績に反映するというのが主目的ですが、私がむしろそれ以上に重要だと感じているのが、生徒の学習意欲を確認し、モチベーションを高めることです。

毎回安定して高得点を取る生徒、隔週で高得点を取る生徒、あまり意欲が見られない生徒、急にスコアが伸び出す生徒、急降下する生徒、いろいろいます。

で、毎週採点をして返却をするわけですが、ある週に、急に全体的に成績が上がったんですね。最初は問題が簡単だったのかなあ、と思ったのですが、同じ単語集からの出題なので、急に簡単になるわけはありません。

そこで思い当たったのが、その前々週のテストの返却時に、それまでとは違って簡単なコメントを書いて戻したことです。100点の子には花丸を付けたり、「自己ベストだね」「前回よりUP」「いい調子」「毎回安定してるね」「このペースで」といったごく簡単な内容です。それがモチベーションUPになったのではと思うのです。

確かに試験を返却する際に、「先生の花丸変」「自己ベストだって」といった反応が少しあったんですね。ですから、それが生徒の単語テストに対する意欲UPに少しはつながったのかもしれません。単語テストは生徒に自己採点してもらっているのですが、点数の所に、「やった100!」とか「なかなか100が取れない」といったコメントを書いて戻す生徒も何人か現れました。

授業は毎回試行錯誤の毎日で、昨日も、「先生、それ先週やった」などと生徒に指摘されたりしましたが(笑)、TOEICという試験対策そのものよりも、いかにして生徒のモチベーションを高めるかの方が大切だな、と改めて感じます。それが結果としてTOEICのスコアアップにつながればいいですね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.