プロフェッショナル
田尻悟郎さんの著書に感動したので、田尻さんが出演された回の「プロフェッショナル 仕事の流儀」をさっそくアマゾンでDVDを購入して先ほど見ました。映像で実際に授業の模様や田尻さんのインタビューを見ると更に感動が深まりますね。自分の授業はまだまだだなあと改めて痛感しました。

田尻さんは20代の時に強烈な失敗体験をしているんです。当時は校内暴力全盛期で、田尻さんもウエイトトレーニングをして、角刈りに色の入ったメガネをかけ、もろそっちの方面の風貌で、生徒を押さえつける授業を展開していたそうです。顧問を務めていた野球部でも、軍隊と呼ばれるほどの過酷な練習を生徒に強制していたとのこと。

そんな田尻さんの野球部にある年、有望な選手が集まり、3年間鍛えぬいた末、神戸市の大会で優勝までしたんです。で、3年生の引退後の慰労会で、保護者の代表の方が、「最後だから、先生に伝えたいことを3年生から一人ずつ先生に話したらどうだ」と話され、生徒からメッセージを受けることになります。

当然、感動のメッセージが生徒から贈られることを期待していた田尻さんに向けられたのは、「先生は、優勝できたのは俺のおかげだと思っているかもしれませんが、僕たちが優勝できた原動力は、先生への恨みでした」という言葉でした。

優勝に至るまでの試合で、同点で迎えた最終回の表に相手に3点を取られ、田尻さんもこれで負けた、と思った試合を、生徒は驚異の粘りでその裏に4点取って逆転サヨナラ勝ちしたことがあったんです。その試合についてもこう言われます。

「先生、あの試合、もう負けた、と思ったでしょう。でも、僕たちは、ここで負けたら、何のために先生に怒られ、殴られ、苦しい思いをしてこれまで野球を続けてきたんだ。ここで逆転して先生を見返してやろう。そう思ったからこそ逆転できたんです」

一気に酔いがさめてしまった田尻さんは、その後も次から次へと生徒から一生忘れられないような言葉を向けられ、ただただ後悔の念と、「すまない」という気持ちで一杯になったそうです。それを一つの転機として、故郷の島根に戻られた田尻さんは、試行錯誤の末、「生徒主体で楽しく学びの大きい授業」という今のスタイルを確立することになります。

田尻さんが番組の中で話されていた言葉で私が特に印象に残ったのは、「楽しくすることを恐れない」でした。TOEICの点数を上げなければいけない、という思いにとらわれ過ぎると、つい詰込み型の授業になってしまいます。もちろん、試験の性格上、ある程度それは避けられないことではあるのですが、その合間に、生徒が英語学習を楽しく感じられるようなアクティビティを入れたいですね。

講師を始めてからは、授業が終わるたびに、「うーん。今日も急ぎ過ぎて、生徒に考える時間を与えたり、授業が楽しく感じられる工夫が足りなかったなあ」と反省する毎日です。田尻さんのように、「楽しくてなおかつTOEICのスコアが上がる授業」が何とかできないものかと思いますね。そのために日々しっかり授業の反省と良かった点をまとめ、次の授業に生かしていきたいです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.