先生という言葉の重み
「(英語)授業改革論」(田尻悟郎著 教育出版)
「英語教育 ゆかいな仲間たちからの贈りもの」(田尻悟郎他編著 日本文教出版)

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演された、カリスマ英語教師・田尻悟郎さんの著書です。GWの空き時間を利用して読んだのですが、ガツンと頭を殴られたような衝撃を受けました。自分の授業内容や準備の仕方など、まだまだ甘いなと本当に痛感させられました。駆け出し講師の今の時期に読んでおいて本当によかったと思える本です。

本の全般に渡り、田尻先生が英語教育を通じて生徒を人間的に成長させようとしていることがびしびしと伝わって来て、正直圧倒されました。本当にすごい方です。

本の中から、特に私の印象に残った一節を皆さんにご紹介します。「英語教育 ゆかいな~」からの引用です。

最後に、私の座右の銘をご紹介する。1つは、日本女子大学の長勝彦先生が良くおっしゃる言葉で、「教師は生徒とその保護者全員の期待を背負っている」というものである。(中略)もう1つは、NHKラジオ「やさしいビジネス英語」で知った格言である。
 
「下手な教師は教える。うまい教師は学ばせる。そして、すばらしい教師は生徒の心に火をつける」 
 
生徒の心に火をつける教師でありたいと思う。


私が講師になって改めて感じるのが、「先生」という言葉の重みです。

「先生、よろしくお願いします」「先生、私TOEIC頑張ります」

それぞれの生徒の言葉の向こうには、保護者の方や、生徒の輝かしい未来があります。それを私が背負っているのだという自覚を常に失ってはいけません。生徒の心に火をつけ、結果を出せる存在でなければ「先生」と呼ばれるに値しないですよね。

とにかく24時間、どうすれば生徒が英語を好きになり、TOEICのスコアが伸びるかをひたすらに考え続け、考えたことを授業で実践し、試行錯誤しながら授業の質を高めていきたいです。この二冊は、そうした思いが奮い立つ本でした。おっちゃん、頑張るで!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.