20歳のときに知っておきたかったこと
「20歳の時に知っておきたかったこと」
(ティナ・シーリグ著 高遠裕子訳 阪急コミュニケーションズ)

アマゾンでは現在ランキング一位なので、相当売れているんでしょうね。私が購入したのは発売直後だったのですが、「積ん読」状態だったので、昨日のIPテストの帰りの電車で読みました。本の内容とは無関係ですが、この出版社の本の装丁は非常にセンスがあって私は好きです。

著者のティナ・シーリグさんは、米国の名門大学スタンフォード大学で、学生に起業家精神を教えるアントレプレナー・センターのエグゼクティブ・ディレクターです。その彼女の集中講義の書籍化という形式で、「ルールは破るためにある」「及第点ではなく最高を目指せ」といったことが10章に分けて語られます。

彼女が授業の最初に学生に伝えることは、

Never miss an opportunity to be fabulous. (光り輝くチャンスを逃すな)

だそうです。この言葉について彼女は本の中でこう述べています。

光り輝くとは、いつでも期待以上のことをすると決意することです。裏返せば、期待される最低限のことしかしないのは、その機会を自分で台無しにしていることになります。

これは勉強だけでなく、仕事についても言えることですよね。たとえば、私が携わっていた商品企画の仕事では、「お客様の期待を超える感動を提供する」ことができないと、ヒット商品を生み出すことはできません。期待通りの商品では、そこそこ売れて終わりになります。なので、期待を超えるためにはどうしたらいいか、を日々考えて創意工夫するわけです。

先日ご紹介した家庭用プラネタリウムを例に取ると、それまでの家庭用プラネタリウムは星の数が数百個でした。また、当時の科学館で見られるプラネタリウムのほとんどが、数千個レベルの星数だったんです。だったら、「1万個」の星が見られたらお客様は感動するのではないか、と考え、そこを目指して必死のパッチで頑張って、それを実現することができました(実際は6万個)。コスト面やスケジュール面でデメリットも大きかった「流星機能」や「天の川の再現」を盛り込んだのも、すべては「お客様の期待を超える感動を提供する」ためでした。

英語が苦手な学生にとって、TOEICは一つの試練です。ですが、それを「光り輝くチャンス」だと思い、創意工夫を凝らし、最低でも100パーセントの努力をして、創意工夫を凝らして勉強すれば、必ず目標を達成することはできます。ティナさんの言葉を借りれば、Every problem is an opportunity.です。

最後に、ティナさんの講義の無料動画をご案内します。本の中のセリフがご本人の言葉として聞けるので、ちょっと感動しました。GW明けの授業で早速引用してみようと思います。その際も、受け売りではなく、学生に伝えるための創意工夫が必要ですよね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.