GETTING OUT OF THE BOX
今日は、講師の仕事を本格的に始める前に読んでよかった、と思った本をご紹介します。

自分の小さな「箱」から脱出する方法
(アービンジャー・インスティチュート著 大和書房)


アマゾンでは以下のように紹介されています。

よりよきビジネス、人間関係、家庭生活のために、時には、もしかしたら自分は今「箱」に入っているのではないかと疑ってみることが大切です。あなたをとりまく人間関係のトラブルを、一挙に解決する考え方を紹介。

内容は難しくありません。ある会社に入社した新入社員の社内研修と言うストーリー仕立てなので、ビジネス書が苦手な方でもすらすら読めます。

この本に書かれていることを一言で言うと、人間関係を良くするために、「自分の箱から出よう」ということです。

どういうことかと言いますと、例えば、私が授業の際、「講師」と「生徒」と完璧に線引きをして、目に見えない境界線を周囲に張り巡らし、完全に自分の「箱」に入ってしまったら、生徒も敏感にそれを感じ取り、生徒との間に距離ができてしまいます。授業が一方通行になってしまいますよね。もちろん、講師は教える側ですから、一定の線引きは必要でしょうが、まずは自分の箱から出て、生徒との間の心理的な境界線をなくし、生徒が授業に入りやすくすることが大切なのではないかなとこの本を読んで思ったんです。

これは不思議なことですが、同じような授業をしても、生徒との間の距離が近く感じられ、楽しい授業ができる場合と、今一つ距離感が遠く、一方通行になってしまうケースがあります。で、その違いがどこにあるかと言うと、教える側である私が「箱の外」にいるか「箱の中」にいるかの違いなのではと感じるんです。こちらが「箱の外」に出ると、生徒も「箱の外」に出てくれて、距離が近くなります。こっちが「箱の中」に閉じこもってしまうと、生徒も自分たちの「箱の中」に閉じこもってしまいます。

私もまだまだ駆け出し講師ですので、どうしても事前の授業プラン通りに進めることに精いっぱいで、気が付くと一方的に教科書のみを見ながら授業を展開している自分に気付きます。そうではなく、授業の合間に「私」という人間が箱の外にいることを、時折生徒に感じてもらえるようにしなければいけないなと思うんです。雑談でもいいでしょうし、「先生も学生の頃は、英語でこんな失敗をしたよ」とか、「英語ができるとこんないいことがあったよ」とか、「この単語には先生も思い出があるんだ」とか、何かしら、生徒が親しみを感じられる様な話をしたり、授業の間に笑いを盛り込んだりしたいですね。

自分なりに「箱の外」に出ることができたように感じる授業では、不思議なもので、授業後の質問も多いように思います。きっと質問しやすい雰囲気になるんでしょう。「箱の中」にいる先生には生徒も質問しづらいでしょうから。

この本は、もちろん、講師の仕事をしている方以外にもお薦めの一冊です。たまには自分の箱から外に出てみると、人間関係が一変するかもしれませんよ。私もできるだけ「箱の外」に出られるよう、日々の授業を展開したいです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.