続・プラネタリウム
講師としての新生活は刺激に満ち溢れ、日々があっという間に過ぎて行きます。「TEX先生の授業楽しかった」「一週間ずっと教えてほしい」などと言った学生からの嬉しい言葉を聞いて喜んだり、「説明が分かりづらい」「話し方が速すぎてついていけない」といった言葉に少し落ち込んだり、講師として日々教えられる側から教わることばかりです。

大学で教え出して改めて感じているのが、「やさしく説明する」ことの難しさです。難しいことをいかに噛み砕いてわかりやすく説明し、学ぶ側に気付きを与えることができるのか、試行錯誤の毎日です。中学校レベルの文法書には十冊程度目を通しましたが、教えるとなるとまだまだです。つい当たり前のように難しい文法用語を使ってしまうんですよね。英語を習い始めた中学生にも分かるように説明することを心がけなければと思います。そのためにも日々必死に頑張るしかありません。講師道ははるか遠い道のりですが、一歩一歩前進したいです。

さて、前回のプラネタリウムの記事を読んで、BUMP OF CHICHENのことで何件かコメントを頂きましたので、今日はそのことを書きたいと思います。

家庭用プラネタリウムの発売にこぎつけ、問い合わせや増産への対応に追われていたある日、総務から私に電話が転送されてきました。

「加藤さん、Nさんという方から、ホームスターの担当の方につないでほしいというお電話なんですが、出られますか。お名前に聞き覚えがなければこちらで対応もできますが」

Nという名字に覚えはありませんでしたが、総務にかかってくる電話はお客様からの可能性も高いので、とりあえず電話に出ることにしました。

「はい。お電話代わりました。ホームスター担当の加藤です」
「はじめまして。加藤さんですか。大平さんからのご紹介でお電話しています。私、アーティストの事務所の社長をしておりまして、今度発売する新曲のイメージとホームスターがぴったりなので、是非コラボできないかと思ってお電話させて頂きました」

で、そのアーティストというのが、BUMP OF CHICKENだったんです。本来なら、「あのBUMPとコラボ!」となるところなのですが、私はおっさんなので、正直良く分かりません(笑) アーティスト名を聞いてもピンときませんでした。

ところが、アポの約束をして、受話器を置いてハタと気付いたのですが、丁度その数日前に、商品のプロモーションのため、天体関係の雑誌やビデオなどの資料をチェックしていた中に、「天体観測」というドラマがあって、その主題歌を歌っていたのがBUMP OF CHICHENだったんです。そのことに気付いた瞬間、「おおっ。きっとこれは何かの縁だから、是非コラボさせて頂こう」と即断しました。セレンディピティというやつがやって来たわけです。

で、コラボレーションは見事に大成功し、ホームスターの爆発的なヒットにつながりました。ノーギャラだったのに、心意気でコラボをOKしてくれたBUMP OF CHICKENの皆さんには今でも本当に感謝の気持ちで一杯です。ネットを検索したら、当時のコラボ映像や画像がまだネットに残っていましたので、ご興味のある方はこちらこちらをご覧ください。渋谷のタワレコの前に1000人近い行列ができているのを見た瞬間は、本当に感動で鳥肌が立ちましたね。懐かしいです。

BUMPとのコラボでは、セレンディピティって本当にあるんだなあと感じましたね。あの時の感動を超えるような感動を講師として味わえるよう、日々全力投球したいです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.