Morite2さん米国へ
Morite2さんは今頃米国でUFCでも見ながらブログを更新中でしょうか。

TBR送別会のあった翌日、彼からメールが来ていました。出発前のメールなので、お別れの言葉か何かなと思ったら、「TEXさん、昨日はありがとうございました。ところで、3月のTOEICのパート6の149番だけがどうしても思い出せません。何だったのか覚えていたら教えてください」と(笑) Morite2さんらしいですね。

彼と始めてやり取りしたのはいつだったのか記憶が定かではないのですが、始めて会ったのは西国分寺のドトールです。TOEICの後、答え合わせしましょうということで、待ち合わせてすぐにドトールで二人で机に向かって答え合わせをしたのが懐かしいです。2008年の10月のTOEICだったと思います。高い英語力はもちろん、TOEICへの情熱を感じ、「しっかりしてるなあ」と感じましたね。私が彼の年齢のころは、バブル絶頂期の新入社員時代で、毎日同期と遊び呆けていました(汗) 

Morite2さんとは、受験会場が同じことが多かったのですが、いつもテストが終わると、「じゃあこれから解答速報してブログを更新してきます」とラップトップを小脇に抱えて移動する姿が印象的でした。根っからのTOEICオタクですよね。

今でこそ運営委員会からのお達しでNGになった解答速報も、彼がいたからこそ私も続けられた部分が大きかったと思います。互いに切磋琢磨することで、最後の方はほぼ二人ともリーディングセクションは100%近く再現できていましたから。

TBRでも、脱線して暴走特急になる神崎さん(笑)のストッパーとして、彼の存在は大きかったので、いなくなってしまうのは寂しいですが、彼のような新星が現れることを期待しつつ、米国でのさらなる活躍を期待しましょう。スカイプや掲示板にはまたきっと参加してくれることでしょう。

I wish you all the best and hope all your dreams come true!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
新刊本のご案内
M03957768-01.jpg  M03957766-01.jpg

アマゾンでTOEIC本の新刊をチェックしていたら、4/7発売の特急シリーズの表紙が出ているではありませんか。Morite2さんの本と同時発売で、お値段は共に1785円です。ということで、今日はちょっと自著の宣伝をさせてください(ここでブログを閉じる読者多数)。

まずは、アマゾンの紹介から。

Morite2&Karl著
新TOEIC TEST 総合対策特急 正解ルール55(CD付き) 
現役東大院生にして全国最優秀TOEIC専門校の人気講師が、出題のメカニズムと解答の法則を完全解析し「正解のルール55」を作成。このルールを読むだけでも50点UP!!さらに頻出語彙、ひっかけ問題のポイント、模擬試験も収録しているから、練習すれば200点UP!!鬼気迫る筆者の精緻な分析により、オールインワンの完全本が登場!CD付き。

「鬼気迫る」ってすごいですね。確かに尋常ではないこだわりぶりが傍目にも伺えました。TOEICを知り尽くしたMorite2さんの細かな分析が全て盛り込まれているに違いありません。受験者だけでなく、指導者にとっても必須の一冊になりそうです。


神崎、TEX & Dan著
新TOEIC TEST 総合模試特急 はじめてでもまるごと完成(CD付き)
全国最優秀TOEIC専門校の人気講師陣が、初めての人にもわかりやすく形式とポイントを解説。さらに本番そっくりの模擬試験を作成。単語、使用語彙、問題のポイントに到るまで、ここまで似せてもいいものか!? 初心者はもちろん、2回目以降の人も、これを解かずに受けるのは大きなスコアロス! TOEICオタクを自認する筆者による、誠実かつ実用的な内容に脱帽。頻出語彙も収録。CD付き。

ん、タイトルやコピーの出だしが東大チームの内容に似ていますね(笑) 我々の本は、前著の「読解特急」同様のゆるい感じの掛け合いと、ぎりぎりの模試、リーディングパートまで音声収録しているのが特徴です。

1785円と言うのは決して安くはありませんから、是非店頭で手に取り、中身をチェックした上でご購入をご検討頂ければと思います。

我々の目標としては、特急シリーズがTOEIC本コーナーの一角を占め、特急シリーズで勉強を完結させることです。「まずは初心者向けの模試を購入→苦手なパートを個別の特急シリーズで補強→さらに高得点を目指す場合は他の特急本で増強」といった流れですね。特急シリーズのカラフルな表紙が平積みで書店のTOEIC本コーナーに並ぶのが夢です。各特急シリーズの続刊や、リスニング特急、フレーズ特急、ハーフ模試特急、600点特急などもいいですね。

「サラリーマン特急」もいいかもしれません。リストラ寸前のサラリーマンが主人公で、パート1もすべてオフィスで上司に叱責されているところとか、電車で寝ている写真とか、飲み会の席の写真にします。例文も全てそういう内容にしたら笑えてTOEICの背景知識が身につきそうですね。そうなったらやっぱり主人公の名前はTEXかなあ。

などと妄想する前に、しっかりと授業の準備をしなければ。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.