ついてる!
昨日の記事を書いてみて、ふと、泣ける英語学習本、ってないなあと思ったTEX加藤です。英語学習や英語を通じての泣けるエピソードって集めたらきっとあると思うんですよね。そういうのを読むと読者もやる気になるし、どこかの出版社さん、是非企画してください(と完全に他力本願寺)。

さて今日は、5月のTOEICまでまだ間があるので(なぜか『魔』と変換されて一瞬ビビった)、直接TOEIC学習とは関係のないお話です。

講師のお仕事を始めてから、さまざまな話し方や教え方のノウハウ本を読んだり、一流と呼ばれる方の公演のCDを聞いたり、セミナーに参加したりしてきました。で、そういう達人の方々のお話を聞いていて、私が気付いた共通点があります。それは、皆さん聴衆に対し、「語りかけるように話している」ということです。

たとえば、昨日は、かつて長者番付日本一で有名になった、斉藤一人さんの公演CDを聞いたのですが、とにかくリスナーの方に楽しそうに語りかけていて、距離感が絶妙です。聞いていて思わず笑ってしまうし、話に引き込まれます。

講師を始めた時、これは仕方のないことですが、生徒の皆さんに話しかける余裕なんてまったくなく、一方的に話すことしかできませんでした。で、エッセンスでは、見習い期間の間、ありがたいことに先輩講師の方が授業をチェックして、フィードバックしてくれるんですね。ある授業後の反省会で言われたのは、「TEXさんには語りかけるような授業をしてほしい」ということでした。

その時は、「そうだよなあ。生徒さんとの距離が遠い気がするよなあ」と思いつつも、どうしていいものやら分からなかったのですが、いろいろな名人の方のお話を聞いていると、そこで言われたことの意味が少し分かってきた気がします。今回のセミナーで、去年の授業開始時より進歩した点があるとするなら、そこかなあと自己分析しています。

とはいえ、まだまだ自分が未熟なことは百も承知の助でございます。先日の大学の集まりでも、突然、新しい講師の方に自己紹介して頂きます、と振られ、まったく語りかけることもできず、面白いことの一つも言えず、すごすごと引き下がったのであります。聴衆との距離はイスカンダルくらい離れていました。やっぱり人前で話すって難しいことですよね。

最後に少しくらいためになるお話を。斉藤さんのお話では、「ついてる」「ありがとう」等のポジティブな言葉を発し続けていると、人生うまくいくそうです。また精神論か、と思われるかもしれませんが、これはその通りではないかなあと私も思います。

たとえば、私は31歳の時に、いわゆる原因不明の難病にかかり、1カ月入院したことがあります。でも、「まあ何とかなるだろう」「絶対治る」「いつ退院できるかなあ」なんてポジティブに考えていたら、お医者さんもびっくりするくらいほぼ完治してしまったんです。退院時には、5年以内に5割の確率で再発すると言われていたんですけど。

これを無理やり英語学習に結びつけると、具体的かつ達成可能な目標を設定し、「私は必ず目標を達成できる」と強く信じ、ポジティブシンキングで努力すれば、ほとんどの場合達成できてしまうのではないかと思います。特に寝る前に「私は○○できる」とつぶやくと効果があるそうですよ。是非お試しください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.