教師たるもの五者たれ
セミナーのアンケートは全て読んで参考にさせて頂いているということは昨日の記事にも書きましたが、その中の一つに、「先生、昨年よりも教え方が上達されましたね」と書かれていたんです。エッセンスの生徒さんだったのですが、これは嬉しかったですね。元々が低かっただけなんじゃないの、と鋭いことをおっしゃる方は、ちょっとあっちで公式問題集でも音読しててください。

サラリーマンから講師に転じるにあたり、当然不安もありました。果たして自分は教えることに適性があるのかどうかも分かりません。講師失格ならまたサラリーマンとしての仕事を探さなければいけませんし、この不況下ではそう簡単に仕事も見つからないでしょう。

そんな状態だった自分にとって、励みになった言葉の一つが、ブログでも紹介した「成功の法則 松下幸之助はなぜ成功したのか」(PHP研究所)の中の言葉です。

人を起用するときに、能力はだいたい六十点ぐらいもあれば十分やね。あとはその人の情熱でいくらでも伸びる。しかし、能力はあるけれども熱意が不十分だということになれば、そういう人をいくら起用してもだめやったな。

つまり、まずはプロとして最低限必要なTOEICの知識や英語のスキルを身につけ、その上で「生徒さんの役に立ちたい」という熱意を持って取り組めば、ある程度のレベルにまでは必ず達することができる、ということになります。

ということで、大量の本を読んだりセミナーに参加したりして、自分なりの努力はしてきたのですが、いざ最初に数十名の生徒さんの前に出ると、これはもう尋常ではない緊張感で、ボロボロでした。話している途中で頭が真っ白になるし、声もすぐに枯れてしまうし、時間を見る余裕もありません。冷や汗が流れ、笑いなんて取る余裕はもちろんゼロです。「自分はこんなに下手なのか」と授業後は愕然としてしまいました。

でもこれってきっと誰でも同じなんだ、と自分に言い聞かせ、とにかく授業で使う教材に関してはどんな質問にでも答えられるくらいの準備だけは万端にして、発声練習をして、自宅で予行演習を事前に何度も行い、授業に毎回臨んでいたら、次第に余裕が出てくるようになりました。もちろん、今でも毎回緊張はしますし、緊張感を失ってはいけません。

最新号に神崎さんが登場しているAERA Englishでコラムを担当されているカリスマ英語講師、安河内哲也さんの「できる人の教え方」(中経出版)の冒頭では、「教師たるもの五者たれ」という言葉が紹介されています。最後にそれをご紹介します。

1. 【学者】100を知ってこそ1を教えられる
2. 【役者】話し方、みせ方、身だしなみを磨いていく
3. 【易者】相手の不安をキッパリ切り捨ててあげる
4. 【芸者】学ぶ場を楽しくしてあげる
5. 【医者】生徒のタイプを見抜いて教える

もちろん私はまだまだ指導者として未熟ですが、冒頭のアンケートの言葉で、自分もこの半年で少しは成長できたのかな、と感じることができました。この「五者」に少しでもなるべく今後も精進していきたいです。と思っていたら、エッセンスから早くも第二回「やれんのか?」開催のお話が。詳細が決まったらまたブログにてご紹介させて頂きます。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.