セミナーにて
昨日のセミナーで、終了直後にいきなり解説の間違いを参加者の方から指摘され、「おわっ。そ、そうですね。す、すみません」とあっさり白旗を旗体操並みの素早さで掲げてしまったTEX加藤です。参加者の皆さんすみません(ってこの記事読んでないかも。うっ)。

セミナーの問題と似た実際の出題例として(セミナーのネタばれではありませんので、3/28の参加者の方もご安心を)、They have ------- him manager.の空欄に入るのは、選択肢の中で唯一SVOOの二重目的語を取れる動詞appointedが正解でした、と口頭で説明したのですが、「SVOCですよね」と指摘されて間違いに気付きました。はい、思いっきりSVOCですね(汗)

念のため、このappointのように、SVOCのCに名詞が来る動詞の例としては、

They call the man Tantan.(彼らはその男をタンタンと呼ぶ)
They elected Tex Kato president.(彼らはTEX加藤を会長に選んだ)
We named the dog TEX.(我々はその犬をTEXと名付けた)

などがあります。make, find, thinkなどもそうですね。

ポイントとしては、異なる動詞が四つ選択肢に並んでいる場合、解法パターンとして、もちろん文脈で正解が決まる可能性が大きいのですが、こうした語法も頭の片隅に置いておくと、より精度が上がりますよ、ということでした。

かなり上級者向けといえば上級者向けの思考パターンではありますが、どう考えても意味では解けない、と思ったら、すぱっと語法に視点を切り替え、こうした文型や、自動詞VS他動詞等の視点で考えると解けたりするケースがあります。

しかし、口頭での説明の間違いに瞬時に気付かれるとは、あの参加者の方はきっと相当の英語の達人か同業者の方に違いありません(と言い訳)。

ちなみにセミナーで、習ったことは一カ月何もしないと忘れてしまいますよ、とホワイトボードに「1 months」とmonthにsを付けてしまったことは内緒にしておいてください。

あ、そういえば、今日のAERA Englishに神崎さんが爽やかな笑顔で登場していますので、ファンの方は必見です(と話題を切り替える)。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.