「頭がよくなる魔法の速習法」
「頭がよくなる魔法の速習法」(園善博著 中経出版)という本のご紹介です。タイトルはかなり怪しくて、うさんくさい匂いがプンプンしますが、店頭でパラパラと立ち読みしたところ、内容はまともそうだったので購入。「速読」を中心とした学習法について、とても参考になる部分がありました。著者は、「速読」の専門家の方です。

以下は、「速読」に関しての引用ですが、TOEIC対策に置き換えてみます。

「既有知識」を増やせば、自然と本を読むスピードも速くなる。
速く読むから多く読めるのではなく、「多く読むから、結果的に速くなる」


まずは、自分がどの程度の「既有知識」を持っているかを、模試や実際のTOEICを受験することで把握し、まったく知識がなければ、入門書からコツコツ勉強し、ある程度知識が増えれば、足りない部分を補強することを意識して対策に取り組むのが効率的です。著者は、「既有知識」と「詳細把握」の両輪で読解スピードが速くなる、と書いています。

「目的を明確にして、それを達成するための条件を整えるとともに、達成したいという欲求を強く持ち、うまくいった自分をイメージする」

まず、「目的意識が明確になると処理速度がアップする」と書かれています。私が本を読むのが比較的早いのも、「この本を読むことで、自分は何を得たいのか」を念頭に置いて読んでいるからですし、パート7でも、設問で問われている点を意識して文書を読むと、処理速度が速くなります。また、目標達成のための環境を自分で整え、成功イメージを持つことが大切だという点は、私も同感です。ブログもその一つの方法です。

まず、下見をして、「だいたいこの本には、こういうことが書いてあるんだな。全体の雰囲気、流れはこういう感じなんだな」ということをつかんでおきます。すると、意外なほどに、2回目に読むときの吸収率は変わってくるのです。

これはパート7でも同じです。最初にざっと文書に目を通し概要を把握した上で、設問に目を通し、問われているポイントに絞って文書を再度読めば、1回目よりも読むスピードが速い上に、より詳細な内容が頭に入って来ます。

最後に、この本でも触れられていますが、東大の脳科学の池谷先生が提唱していらっしゃる、効果的な復習のタイミングをご紹介します。

1回目の復習 学習した翌日
2回目の復習 学習した日から1週間後
3回目の復習 学習した日から2週間後
4回目の復習 学習した日から1カ月後


1か月以内に復習しないと、全て人間の脳は忘れてしまうそうです。また、この本の中では、読んだ本の内容を「人に話す」(1カ月に3人)と学習効果がアップする、とも書かれています。これはとても効果がありますよ。例えば、パート5の問題を、人に解説してみたり、もしくは、自分でレクチャーしてもいいと思います。それができれば記憶に定着することは間違いありません。

個人的にはこの他、「トレーシング・リーディング」というスキルがとても興味深かったのですが、ネタばれになりますし、エッセンスでの授業に役立てようと思いますので、ご興味のある方は本を購入してお読みください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.