英語は言葉
ふと思ったのですが、TOEICを受けている時、私は、問題製作者やナレーターと対話している気がします。以前はそんな感覚はなかったのですが、何度も受験しているうちに、そういう感覚を覚えるようになりました(変態) 相手との対話に慣れてきたので、間違った応答をして相手を怒らせることがなくなった印象ですね。今回のAMはまだ届いていませんが、多分全問正解か、間違っても1問だと思います。

パート1やパート2では自分で答えを予想して、答えが読みの範囲内なら、「やっぱりそうか」と思ったり、意外な答えなら「そう来るかあ」「え、そんな返しありなん」と関西弁で感心したりしています。パート3や4は会話やトークを自分がその場で聞いているイメージで解いていますね。「ロバートもついに定年退職かあ。30年もよく頑張ったよなあ」なんて思いながら(笑)

パート5では、問題文をすべて読み、問題製作者がその一文で何を伝えたいのか、それを感じるようにしています。TOEICのパート5の文って、俳句のような美しさがあるんですよね。12-26ワード程度の一文で、使える単語の範囲やシチュエーションが決まっているのに、それでいて毎回新しい珠玉の問題を創造する製作者の人ってすごいなあと思いながら解いています。もちろんロジカルに考えて解いてはいますが、相手が何を伝えたいのかが文面の向こうから感じられるようになったので、極端に間違える数が減りました。

パート6も、最初から最後まで読んでいます。この問題製作者の人は、この文で何を訴えていて、何を問いたいのか、それを考えながら解いています。全体像をとらえるようにすると、このパートも間違える数が減ります。文書全体の大きな流れがつかめていると、その流れに合う答えって、パズルのピースと同じで他にないんですよね。

パート7は、メールや手紙ならそれが自分に届いたイメージで読み、広告も自分で読んでいるイメージで解いています。「お、このクーポンを持って行けば8月末までピザが30%引きか」とか。また、パート7では、これは一問の例外もなく、必ず正解の根拠となる情報が本文にあるので、「どこにあるのかなあ。お、あった」などと思いながら解いています。その情報さえ見つけることができれば、理論上は100%正解できます。

また、問題を解きながら、自分がサラリーマン生活で経験したいろいろな出来事がオーバーラップしたりもします。「こういうことあったよなあ」とか。そういう意味では、サラリーマンとしてのビジネス経験は、TOEICの問題を解く上では有利ですね。特にリスニングでは、割と鮮やかにそれぞれのシーンがイメージできます。

TOEICは英語の試験ですが、英語って言葉です。確かにテストテクニックはスコアアップには必要ですが、そうしたテクニックを超えて、言葉としてTOEICの問題を感じることができるようになると、TOEICの英語が生きた英語として感じられて、スコアも上がると思うんです。TOEICの問題から、話し手や書き手が伝えたいことをしっかりと感じて、それを理解することって大切だと思います。単に英語の試験として受験すると苦痛ですが、相手が伝えたいことを理解するぞ、という姿勢で臨めば、少しは試験が楽しくなるのではないでしょうか。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.