アキラメル
バンクーバー五輪のスピードスケートの運営側の段取りの悪さに思わず、「何やってんだよ」とTVの前でつぶやいてしまったTEX加藤です。選手は4年間この日のために頑張って来たのですから、運営側はしっかりしてほしいですよね。それにしても韓国勢の強さが目立ちます。電話帳のようなTOEICの問題集同様、日本人の想像を超えたハードトレーニングを鬼のように積んでいるのでしょう。

さて、今日は、五木寛之さん(コロッケがものまねする歌手じゃないよ)の著書「元氣」(幻冬舎文庫)の一節をご紹介します。「アキラメル」ということに関し、五木さんは、「明ラカに究メル」ことだとし、以下のように書かれています。

それは勇気のいることである。不愉快でも、辛くても、残念でもアキラメル。直視して目をそらさず、事実を事実としてはっきりと見定めること。それが諦めることだ。

これを読んで、いい言葉だなあと思ったんです。私はエッセンスでは、初中級の方のクラスを担当していますが、スコアアップのためには、「アキラメル勇気」を持つことが大切です。パート3や4で3問とも正解しようとすると、全滅の可能性もあります。パート7を全部解こうとすると、時間がなくなってしまいますね。

ですので、自分の実力を冷静に見つめ、「自分に解ける問題を最後まで解く」「解けない問題があってもがっかりせず前に進む」という姿勢で試験に臨まなければいけません。

ところが、日本人のメンタリティとして、「もったいない文化」ですから、なかなか割り切ることが難しい受験者の方が多いのではと思います。大学受験の影響もありますね。入試では難しい問題の配点が高いので、これは仕方のないことです。TOEICではどの問題を正解しても配点が同じなのですが、受験の経験があると特に切り替えが難しいですよね。

これを授業で生徒さんにうまく説明するのが難しいなあと思っていたんです。「捨てる勇気を持ちましょう」とか、「逃げるが勝ちです」、などと説明すると、何かネガティブな感じがあります。ですが、この五木さんの言葉を活用すれば、ポジティブな説明ができそうです。

ここから派生して思いついたのですが、山登り、を例に使うと分かりやすいかもしれません。頂上を目指していても、状況次第では、時には「引き返す勇気」が必要です。それは悪いことではありませんよね。適切な判断です。早速授業でこの例えを使おうと思います。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.