英語脳?
昨日は、小・中学校時代の同級生との食事会だったTEX加藤です。食事中に、小学校時代の同級生で、もう多分30年くらい話をしていない同級生と電話で話す機会があったのですが、声って変わらないものですね。電話の向こうの、「加藤?」って声が小学生時代の声と同じなんですよ。二人ともおっさんのはずなのに、私の脳裏に浮かんだのは小学生時代の可愛い彼の姿でした。

さて、その食事会が東京駅近くだったので、丸の内オアゾの丸善で英語関係の本や自己啓発本を例によって大量に買い込んだのですが、英語本の階のレジで私の前に並んでいた方が、「ネイティブ脳を育成する」を謳った書籍を購入されていました。アマゾンでも上位にランクインしているので、結構売れているのかもしれません。

まあ、脳を鍛えたら英語ができるようになるかどうかは、私は専門家ではないので分かりませんし、「学問に王道なし」だと個人的には思います。とはいえ、この本が売れているということは、「TOEIC脳を鍛える! TOEIC満点講師と脳科学の専門家が夢のコラボ。TOEICに出題される問題や単語を使って効率的に脳トレ。短期間であなたのTOEIC脳を覚醒させます」って本があったら売れるかもしれませんね。さっそく民明書房に企画を持ち込むことにしましょう。

皆さんがどうなのかは分かりませんが、私はパート2を解いている際、日本語とは違う頭の中の部分で聞いている感覚がはっきりとあります。パート1ではそういう感覚がないのですが、パート2で目を閉じて聴覚に意識を集中した際、脳のある部分で英語を英語として聞いている感覚があるんです。私がこのことに気付いたのは、2008年6月からの連続15回の受験中、唯一リスニングで満点を逃した昨年5月のことです。

その回では、前日に3時間ほど昼寝をした影響か、前日の夜にほとんど寝ることができませんでした。でもまあ何とかなるだろうと思って試験に臨んだのですが、パート2に入った途端、頭がいつものように働かないことに気付いたんです。感覚的には、「英→英」で理解するはずのところが、「英→日→英」になってしまうんです。あんな感覚は初めてでしたね。どうやっても英語脳が働かないんです。

パート2終了後のパート3や4でも、いつもはほとんど気にならない豪州英語がやたらと気になったり、英語が英語としてすんなり理解できず、間に日本語が介在してしまうので大苦戦し、リスニング480点という結果に終わってしまいました。いつもは0-2問のミスのところ、恐らく7-8問間違えたと思います。

そう考えると、日本語と英語を理解する脳内の部分は違うのかもしれませんね。この点に関しては、東京大学の酒井邦嘉准教授という専門家がいらっしゃるようなので、さっそく著書を読んでみようと思います。もしそういったものがあるとするなら、英語脳ってどうやったらできるんでしょうかね。やっぱり大量のインプット・アウトプットを積み重ねるしかなのでしょうか。ちょっと気になりますね。

ということで今日のまとめとしては、前の日に眠れないと英語脳が死んでしまうので、試験前日はしっかり睡眠を取りましょう、ということでした(え、そんなまとめなの)。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.