模試特急&セミナー
昨日の出版社での作業と、今日の午前中の原稿まとめで、ほぼ「模試特急」の原稿執筆作業が終わりました。後は週末の死の校正作業と、リーディングパートの音声収録を残すのみです。あとひと踏ん張りですね。今のところ、定価が1600円台で、3月のTOEICの前には発売になる予定です。

主な内容としましては、TOEICオタクの二人とダンの三人で練り上げた模試1回分、パート別の攻略法、全問題に二人の掛け合いの解説と詳細な語注、模試の中から必須単語を神崎さんが選んでまとめた単語集と、私が選んだパート5マル秘単語集、それに加え、さらに、Moreover, 「しょうもないオヤジギャグ」、となっております。

TOEICマニアの皆さんにとっての最大の見どころは、神崎さんが三浦の港で寒風吹きすさぶ中で撮影した船の写真がパート1で使われているところと、ダンがパート1に登場しているところでしょうか。原価削減のための著者の涙ぐましい努力が随所にうかがえる一冊となっております。

本の打ち合わせで、昨日神崎さんと話していて判明したのですが、現時点で二人合わせてTOEICの受験回数が80回を超え、990の取得回数が約40回、200問全問正解が5回です。まあそのうちのほとんどは神崎さんなわけですが(笑) IPも含めれば、今年中に二人の合計受験回数が100回を超えますね。いやあ、すごい数だなあ。え、そんなに受けてどうするんですか、って? そういうまじめな質問をする方はちょっと困った方なので、しばらくあっちに行っててください。

2008年の6月に、TOEICを約10年ぶりに受けた時は、それがきっかけになって人生が変わるとは思ってもいませんでした。せっかく英語学習を再開したのだから、モチベーションUPになりそうなTOEICでも受けてみるか、って気軽な気持ちだったのですが、人生何がどう転ぶか分からないものです。

これは全くTOEICとは無関係ですが、そういう人生に大きな影響を与える瞬間って、誰にでも訪れているのだと思います。時にはそれに気付かなかったり、気付いてもそっちにはいかなかったりすることもありますよね。まあ私も生活の不安はありますが、新しい道に進むと決めたのですから、周囲の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、自分のノウハウを周囲の皆さんに還元できるよう、楽しみつつかつ真摯に一歩一歩前進したいと思います。

あ、そういえば、もしかするとセミナーの第二回が緊急開催されるかもしれません。セミナーまであと一カ月以上あるのに定員となってしまったので、参加の機会を逃してしまった方に対して、一回目と同じ内容で行う予定です。日付や時間が決まりましたら、またブログにて報告させて頂きます。いやしかし、まだ一回目も行っていないのに大丈夫なのでしょうか。エッセンスはん、わしは知らんで、どないなっても。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.