パート1対策
週末は、「TOEIC界のチャゲ&飛鳥」こと、ヒロ前田さん&ロバート・ヒルキさんのコンサート、ではなくTOEIC指導者養成セミナーに参加してきました。参加者は皆、TOEICの指導者をしている、あるいは目指している方ばかりなので、とても刺激になりました。こうして他の指導者の方の授業を拝見したり、話を聞く機会って本当に貴重ですし、自分にとっての学びとなります。駆け出し講師の私としてはありがたい機会です。得られたものを生徒さんやブログ読者の皆さんに還元できるよう、自分の中でしっかりと咀嚼して、モノにしたいですね。

セミナーで学んだことの中から、今回、とても面白いなあと思ったパート1の指導法や勉強法を差し障りのない範囲で1つご紹介します。レベル的には初級者向きですが、上級者にとってもやり方次第では参考になるかと思います。

まず、写真を見て、中に写っている名詞を生徒に挙げてもらいます。独習の場合は、できるだけ自分で考えてみます。例えば、オフィスの中でメガネの女性が席で電話をしている写真なら、telephone, desk, chair, woman, office, computer, glasses, screen, keyboard, receiver, document, book, cabinet, window, door, office equipment, office supply, jacket, shirt, light, trash can, drawerなどが考えられますね。「10個考えてみよう」でもいいかもしれません。初心者なら10個考えるのも大変でしょう。なかなか10個出て来なければ、講師がフォローします。

次に、動詞を考えます。女性が主語ならsit, talk, speak, hold, face, type, use, have等、モノが主語なら、place, situate, hang, open, close, wear等ですね。これを10個考えるのは大変ですから、生徒さんに考えてもらうのは5個程度でいいかもしれません。

名詞と動詞が出そろったら、それを組み合わせて、実際に生徒に例文を作ってもらいます。ペアワークでもいいですし、挙手で講師がホワイトボードに書く、でもいいと思います。

そうした上で、実際に問題を解いてもらいます。そうすると、普段解けない生徒でも、格段に解ける確率が高くなりますよね。「こうやって写真を見て、どんな答えになりそうか予想できるようになると、スコアがアップするので、身近な生活用品とか、動作とか、英語で言えるように練習することが大切です。じゃあ、次の問題、どんな答えになるか、ちょっと皆で考えてみましょう」などとゲーム感覚を取り入れると授業が楽しくなるかもしれません。

これって上級者にとっても結構大切な技術、なんですよね。写真を見た時に、どんなことが問われそうか大体想像がつくと、意表を突くような難しい問題が出ても対応できますから。そうした柔軟性を、ゲーム感覚で養いつつ、英語の勉強にもなるので、なかなかこれは優れた指導法だなあと感じました。

私の場合、感覚的には、パート1の答えの7割くらいは想定の範囲内です。残り3問は、「そこでそう来るかあ」と思うような答えが来ますが、まあそれはそれで楽しんでいます。「ETSの中の人はさすがだなあ」と感心しますね。「これだけ人が大きく写っているのに、あえて主語にキャビネットを持ってくるかあ」とか。

特に高得点を狙う方にとって、パート1には意外な落とし穴が潜んでいるので、柔軟な英語力を身につけ、「フ、お前の技はすでに見切った」と余裕を持って試験を受けるようにしたいですね。それが自信になるはずです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.