夢をかなえる勉強法
「夢をかなえる勉強法」(伊藤真著 サンマーク出版)をご紹介しようと思ったのですが、あまりに参考になる部分が多いため、第一章の「いちばん大切なこと」の中から、TOEIC受験者の皆さんにとって特に役立ちそうな部分に絞ってご紹介します。¥1000以下で買える本ですので、是非書店にてお買い求めください。

「全体像をつかむ」
何かを学ぶときには、まず全体を意識する。「木を見て森を見ず」ではなく、森から見ていくのだ。


当たり前の話ですが、幾らたくさん問題を解いても、本番では未知の問題に必ず出くわします。そうなった時、全体を俯瞰して見ることができると、その問題が全体としてどういった位置づけにあって、どういうことが問われているのかが分かり、対応することができます。

例えば、TOEICの本番で見たことのない単語の品詞問題が出たとします。品詞問題で問われるのは、名詞・動詞・形容詞・副詞のいずれかです。このうち、名詞は主語、目的語、補語の役割、動詞は主語の動作や状態を説明する役割、形容詞は名詞を説明する役割、副詞は名詞以外を説明する役割をします。

こうした品詞の役割分担が分かっていれば、たとえ単語の意味が分からない未知の品詞問題が出ても、間違うことはありません。空欄がその文の中でどういう役割をしているかが分かれば、例外なく解くことができます。しつこく記事で書いていますが、中学校レベルの基本単語・基本文法が大切です。それが100%分かっているかどうかで未知の問題への対応力が変わってきます。


「つねにゴールからさかのぼって今を考える」
勉強はやみくもにやればいいというものではない。ゴールを意識し、ゴールに向けて着実に力を積み上げていくのが、合理的な勉強法だ。


たとえば、皆さんが990を目指しているとします。そうすると、ミスが許される上限は、回やフォームによっても異なりますが、通常、Lが3問、Rは2問です。つまり、これ以上間違うと990は取れないことになります。そうであれば、自分が今それぞれのパートで何問程度ミスをしていて、どういう問題をどういう理由で間違っているのかを分析し、ミスをしないようにするにはどうすればよいかを考えて対処すればいいことになります。

やみくもに990を目指すのではなく、Lのミスを3問以内、Rのミスを2問以内にするというゴールを設定し、そこに向かって具体的な対策を講じるのが効率的です。990ではなくても、目標にしている点数から、今の自分のスコアを逆算し、何をすればいいのかを考えてみましょう。もちろん、TOEICや英語学習が自分にとってどういう意味があり、何を目的としているのかを考えてみることも大切です。


「試験に関係のない『有効な無駄』も必要」
「有効な無駄」とは何か。それは試験には直接関係ないが、本質を知る上でとても大切で、真のゴールに到達するために必要な知識のことだ。


これはTOEICでも言えますね。日本語の本をたくさん読んだり、英語をアウトプットしたりすることは、TOEICのスコアとは直接の関係はありませんが、スコアアップにつながります。究極的には英語力を向上させることが、TOEICのスコアをアップさせるだけではなく、使える英語を身につけ、人生を豊かにすることにつながりますから、単なる試験勉強だけではなく、「有効な無駄」を積み重ねることも大切ではないかと思います。

今日・明日と終日、アルク主催のTOEIC指導者養成セミナーに参加してきます。昨年参加してからもう1年が経ったとは早いものです。昨年と同じ内容の講義を聞いても、講師になった今は昨年よりも得られる部分が多いと思います。しっかりと勉強して、エッセンスの生徒さん、ブログ読者の皆さん、セミナー参加者の方々にノウハウを還元したいです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.