「アリス松井の悪夢」
「アーノルド坊やDVで逮捕」という記事を見かけたのですが、「エマニエル坊や」と区別がつかないTEX加藤です。ちなみに「エマニエル坊や」で検索してみると、「エマニエル坊やはエマニエル夫人の子供ですか」とか、「エマニエル夫人ってエマニエル坊やが大人になって改名した名前ですか」とかいう質問がYahoo知恵袋などに寄せられていて思わず笑ってしまいました。

さて今日は、先日に続き、「パート7を最後まで終わらせるぞい!」シリーズです。11月TOEICの「アリス松井の悪夢」、皆さん覚えていらっしゃるでしょうか。パート7のSPを必死に解いてきて、ようやく最後のSPだと思ってページをぱらりとめくったら、なんとそこには300ワードぐらいの長文記事があったわけです。マラソンでいえば、30km過ぎてから急な上り坂が目の前に見えた感じですね。しかも5問あるので逃げるわけにはいきません。

受験後にも話題になりましたが、ここで多くの受験者が時間を消費してしまった上に、ミスが多くて、ダメージを受けてしまったんですね。ラスボスを倒す前にかなりのダメージを受けてしまったわけです。で、DPを解く時間がなくなってしまい、リーディングが最後まで終わらないという事態が発生しました。記事中に出てきた人名にちなんで、これを「アリス松井の悪夢」あるいは「アリス松井の悲劇」と勝手に呼びます。

ちなみにこの人名は、NYヤンキースの松井選手にちなんで名づけられたのでは、という噂もありますが、そんなことを考えている余裕は多くの受験者にはなかったでしょう。ヒロ前田さんによると、W杯時期のTOEICでは、日本代表と同じ名字の「NARASAKI」や「OGURO」が出てきたそうですから、ETSも意外としゃれっ気があるようです。「石川」や「伊達」、「松坂」あたりがそのうち出てくるかもしれませんね。

と雑談はさて置いて、こういう長い記事が出てきた場合、有効なのが、「パラグラフリーディング」と呼ばれる手法です。まあご存知の方も多いかと思いますが、各段落の一行目だけを読み、記事の内容をつかむという読み方です。

英文記事では、一つの段落に一つの内容しか書かない、というのが基本です。で、その内容を凝縮した一文を、「トピックセンテンス」と呼び、大抵の場合、これは各段落の一行目に置かれます。このトピックセンテンスだけを読めば、記事全体の論理構成が把握できますし、どこの段落に何が書かれているかが分かるので、設問に対する答えを探す際にも、かなりの時間短縮につながります。

ですので、長文の記事が出てきたら、「ひゃっ」と悲鳴を上げつつも、「そうだ、ここはパラグラフリーディングの出番だ」と思い直し、各段落の1行目だけを読む作戦を取りましょう。もちろん、300ワード程度なら問題なくすらすら読める読解スピードの持ち主であれば、この手法を取る必要はありません。

最後になりますが、ついにパート5スーパー600問がほぼ完成しました。過去のTOEICを振り返りつつ、必須語彙などを散りばめて作ったので、これを一通り解いて、間違いの理由を把握し、文中に出てくる単語を覚えれば、稀に出題される難しい語彙問題以外はほぼ全問正解できるようになるはずです。完成度としては9割で、皆さんからのフィードバックや、今後のTOEICの新傾向をその都度反映し、随時更新していこうと思います。

以下のモニターについて、先ほど帰宅したところ、ちょうど10名の方からお申し出を頂きました。ありがとうございます! モニター受付は終了となりますので、ご了承ください。

ということで、40問15セットのうち、9セット分のモニターを募集します。お手数ですが、解くだけでなく、エクセルでの作業が発生しますので、あらかじめこちらの記事で作業内容をご確認の上、モニター希望の方は左記のアドレスにメールでご応募ください。応募が10名に達した時点で締め切りとさせて頂きます。また、モニターは、コメント等を通じて、交流のある方に限らせて頂きます。解いた感想や、本番と比べてどうだったか、などお知らせ頂けるとありがたいです。モニターはお一人様1セットお願いしますが、モニター希望者が10名に達しなかった場合、2セット分作業をお願いするかもしれません。返送は今週中であれば構いませんので、週末に解いて戻して頂いても結構です。

よろしくお願いいたします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.