批判的に読む
今日は、午前中から初授業でした。普段担当されている先生が奥様の産休のため、ピンチヒッターです。パート5・6・7対策の授業を行ったのですが、2時間15分の授業はあっという間でした。

授業中は感じませんでしたが、終わってみると、立ち仕事なので結構足が疲れますね。帰りの電車で寝過してしまいました(笑) 立ち仕事に慣れていないとはいえ、わずか一コマで足が疲れていてはいけません。普段講師で一日何コマも務めている先生方はすごいなあと改めて感じます。何コマ担当しても笑顔が爽やかな神崎さんを見習わないといけませんね。

とはいえ、授業後の疲れは、心地よい疲労感でした。普段担当されている先生の授業の足元にも及びませんが、今の自分にできるベストは尽くしました。教える仕事のやりがいを、少しではありますが、感じることができた気がします。生徒さんと一緒に自分も成長できるといいなと思います。

昨日の読書についての記事について、TOEIC征服日記のmasamasaさんが昨日本日と記事にされています。面白いので、是非読んでみてください。

読書においてもそうですが、TOEICの問題、特にパート7の問題を解く際には、「批判的に読む」という姿勢が大切ではと思います。ある設問に対し、「Aが正解だな」と思った時、初中級の方は、時間管理が最優先事項なので、取り急ぎマークして次に進む方が無難です。ですが、950点以上や満点を狙うのであれば、「本当にそうなのか」とここでちょっと疑ってみて、念のため、B・C・Dが間違いであることを確認することも時には必要です。もちろん、この作業をすると時間をロスしますし、確認したけれども結果的にAが正解だった、ということもあります。あくまで完璧を期すための超上級者向けのスキルです。

パート7の問題は、正解の選択肢は正解になる理由が本文のどこかに書かれていますし、間違いの選択肢は、間違いの理由が書かれているか、記述が一切ありません。つまり、AもBもどっちも正解っぽいけど、なんとなくAだな、ということはあり得ません。そうならないように緻密に計算されて問題は作られています。テスト製作のエキスパートであるETSの中の人はプロですからね。毎回感心するようなトリックが散りばめられています。

なので、どんな上級者にも、「Aが正解だ」と思ったけれども、実は良く読んでみるとBが正解だった、というケースはあります。そこで冷静かつ批判的な目で問題を見て軌道修正できるか、それとも思い込みで答えてしまうかで、微妙な差がつくケースが多いのではないかな、と思います。

本番ではそこまでの余裕はないよ、と言われてしまうかもしれませんが、超上級者の方は、時にはテスト中に、名探偵になったつもりで冷静に推理してみることも大切ではないのかなと感じます。よくできた推理小説だと、トリックに騙されますよね。TOEICはそういう意味では、ある意味、質の高い推理小説だと言えるかもしれません。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.