まずは本を読む
サッカー日本代表の対戦相手が決まりましたね。優勝候補のオランダをはじめ、強敵ばかりですが、なんとか予選を勝ち抜いて、旋風を巻き起こしてほしいものです。

さて、今日は直接英語とは関係のないパート7対策「日本語の本を読む」ということについて書いてみたいと思います。これは当たり前のことですが、「日本語を速く読めない人は、英語も速く読めない」という点、意外と見過ごされている気がします。考えてみれば当然のことですよね。英語が母国語でない限り、普段日本語を読むスピードがえらく遅いのに、TOEICの英文になると急にすらすら読める、ということはあり得ません。

読者の皆さんのブログをひそかに巡回したり、また、お話したりしていて気付いたことが一つあるのですが、読書家の人には、TOEICのスコアの伸びが早かったり、リーディングスコアの高い方が多いように思います。つまり、元々の国語での読解スピードが速く、読解力が高い、ということです。

以前にオフ会で、1年で500点台から950点までスコアアップさせたトイッ子さんにお会いした際にも聞いてみたのですが、「学生時代は、現国が得意科目でした」とおっしゃっていました。また、試しに生徒さんに日本語でパート7のパッセージを解かせてみたら、全然できなくて愕然とした、というエピソードをある先生から聞いたこともあります。そりゃ、日本語で読んでわからないものは、英語で読んでも絶対に分からないですよね。

パート7では、ビジネスに関する背景知識があって、日本語の読解能力が高い方が圧倒的に有利です。書かれている内容やシチュエーションがイメージできますし、ストーリーが頭の中で追いやすいですから。私自身、サラリーマンとしての経験と、活字中毒者で読書スピードが普通の人と比べて恐らく相当速い、ということが、パート7を解く際の基礎になっています。ですから、パート7が苦手な方は、まず、日本語の本を読む、ということも、英語学習と並行して進められると良いと思います。

TOEIC、という視点で効率的なのは、ビジネス書を読むことです。ですが、「マーケティングの基礎知識」的な堅いものを読もうとすると、よほど興味がない限り挫折してしまいます。ですから、普段自分が興味を持っている事柄(物価高や、円高、事業仕分けとか)について初心者向けに書かれたものとか、人物伝などがお薦めです。また、自分が普段使っている商品を作っている会社(今旬のユニクロとか)の成功物語でもいいし、先日のイチローのCMではありませんが、感動したCMがあったら、そのCMを作っている人の本を読んでもいいでしょう。とにかく、自分が興味を持てそうなトピックについて書かれた、柔らか目のビジネス書を読む、ということが大切です。

それでも何から手をつけていいのかいまいちピンと来ない、という方は、ビジネス誌をまずは買って読んでみる、というのも一つの手です。初心者の方にお勧めなのは、「日経Associe(アソシエ)」「DIME」「日経TRENDY」です。内容が比較的やわらかいですし、トピックも身近で、本の紹介があったり、内容も多彩ですから、きっと自分なりに面白そうだな、と思う記事が見つかるはずです。そこを起点にして、次は文庫本なり単行本に進む、というのもよいのではないでしょうか。

その他の手段としては、文庫本で経済小説を読んでみる、という手もあります。幾つか文庫で手軽に読めるものを紹介させて頂きますので、ご興味があれば読んでみてください。

神様からひと言(荻原浩著 光文社文庫)
経済小説、というよりサラリーマン小説です。笑えて泣けます。

青年社長<上下巻>(高杉良著 角川文庫) 
TVなどにも登場するワタミの社長をモチーフにした成功ストーリーです。

戦略プロフェッショナル(三枝匡著 日経ビジネス人文庫)
企業再生を描いた迫真のストーリー。著者の三枝さんは東証一部上場企業のCEOです。

ハゲタカ<上下巻>(真山仁著 講談社文庫)
映画化もされた人気TV番組の原作です。私は読んでいませんが、ご興味あれば。

一勝九敗(柳井正著 新潮文庫)
小説ではありませんが、いわずとしれたユニクロの創業者が自ら語る自叙伝です。

明日の広告(佐藤尚之著 アスキー新書)
これも小説ではありませんが、広告の今、が感じられる読みやすい本です。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.