考えて指す
今、CNNを見ていたら、刺青が軍から問題視されて、それを除去しろ、と命じられた人が出ていたのですが、彼の右腕にでかでかと刻まれた刺青が、「サンチェス」となぜかカタカナでした(笑) あれは一体どういう感覚なんでしょうね。思わず爆笑してしまいました。

さて、今回のTOEICのパート5で目に付いたのは、「動詞の型」を問う問題です。これは受験英語でも「動詞の語法」として覚えなさい、と言われることなので、TOEIC対策としてはしっかり押さえなければいけないポイントですね。この手の問題は、動詞の意味が分かっていても、用法が分かっていないと正解することはできません。異なる動詞が四つ並んでいるけれども、意味ではなく、「動詞の型」で解くわけです。たとえば、こういう問題です。

After long deliberation, Tex Kato has ------- to accept the offer from Kanzaki Corporation.

(A) encouraged
(B) forced
(C) refused
(D) persuaded

いかがでしょうか。冒頭のdeliberationは「熟考」という意味です。「熟考の末、Tex KatoはKanzaki Corporationからのオファーを○○した」という文意自体はそれほど難しくないでしょうし、解答とは関係がありません。

この問題の正解は(C)refusedです。この動詞だけが、直後に不定詞を取ることができます。残りの三つの動詞は、S+V+O+to do、つまり、to不定詞の前に目的語がないといけません。たとえば、encourage / force / persuade + 人 + to doという形ならOKです。ですので、意味的にはどれも入りそうな感じですが、文法的にNGです。もちろん、目的語が前に出た受身なら問題ありません。Tex Kato has been encouraged to doといえます。

こうした問題もそうですが、「なんとなくこれかな」と答えを選んでしまうと、間違ってしまう可能性があります。「うーんなんとなくTEXさんは神崎さんからのオファーなら断らないだろうから、Dかな」とか、「TOEIC的にはオファーを断る、はなさそうだ」「TOEICはポジティブな言葉が好きだからencourageだ」などというのはメチャクチャです(笑) もちろん、ネイティブレベルの感覚をお持ちなら、感覚で正解できるでしょうし、それが一つの到達目標でもあります。ただ、我々一般の英語学習者は、なかなかそこまで到達するのが大変なので、まずはルールを覚え、そのルールに基づいて正解を選ぶ、という姿勢が基本だと思います。

昨日の記事でも書きましたが、この、「理由を持って正解を選ぶ」という姿勢はとても大切です。将棋でもそうですが、素人将棋では、思いついた手を、「なんとなくよさそうだから」と指して、相手の応手を見て、「あ、しまった。ちょっと待った(笑)」なんとことが起きてしまいます。しっかりと自分なりに先を読んで、「こう来たらこう指す、だからこれがベストだ」と理由を持って指すことが大切です。もちろん、それが悪手である場合もあるのですが、考えて指すのとそうでないのとでは、その後の伸びが違います。

将棋もプロレベルになれば、盤面を見ただけで最善手がぱっと頭に浮かぶそうですが、そこまで到達するまでには、膨大な積み重ねがあるわけです。誰にでもそれができるようなら商売あがったりです。われわれ一般庶民はまずはコツコツと積み重ねることから始めましょう。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.