ルール&感覚
アビメが届き、10月のTOEICでは、L1問、R1問の計2問間違えました。リスニングは、昨年正解したリサイクル問題を今年は間違ってしまいました(笑) まあ、それはよしとして(よくないけど)、Rは文法を減点されていたので、やはり記事にしたパート5のadvocate問題を間違ってしまったようです。今年に入ってパーフェクトだったパート5でついにミスが(涙)こうなったらパーフェクト継続中のパート7を年間完全制覇するしかありません。

このadvocate問題、以前のように感覚で解いていたら正解していたと思いますが、他動詞・自動詞ルールで堅苦しく考えて間違えてしましました。ルールはルールとして、英語は言葉ですから、臨機応変にフレキシブルに対応する必要がありますね。この点に関し、最近いろいろと読んでいる受験参考書の一つに以下のような記述がありました。

ですから、こと時制に限らず、いや英語に限らず、何かを学習する場合には、「基本となるルールを重視しつつ、実際の運用場面に合わせて融通を利かせる」という姿勢が必要となります。一種のバランス感覚ですね。一見矛盾するように聞こえるでしょうし、難しく見えるかもしれません。いや、むしろ勉強が難しいのは、このバランス感覚を常に保つことがどの分野であれ意外に難しいからかもしれませんね。(「富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解 基本ルール編」富田一彦著 代々木ライブラリー)

この後には、「ルールを習得するが、むやみに縛られない」姿勢が英語学習には大切で、そこを突き抜けた時に英語学習そのものが新しい地平に立てるようになるのではないか、とも書かれています。いい言葉ですよね。私もそのバランス感覚を磨いて、新たな地平に立つべく努力しなければいけません。

上記の本の著者の富田さんは、長年トップ予備校講師として活躍していらっしゃって、受験生にはその名を広く知られた方です。恐らくこのブログ読者にも富田さんに英文解釈や英文法を習われた方もいらっしゃるかと思います。私は富田さんには習ったことはない(というか予備校に行ったことがない)のですが、何人かの方に富田さんの授業で英語の力が付いた、と聞いたので、今、著書を何冊か読み進めています。

受験参考書を読んでいて感じるのは、問題量に対して、解説部分がとても丁寧で分厚いことです。そういう本がTOEICでももっとあっていいのではないかな、と思います。例えば、最初の部分に薄い小冊子でパート5に出そうな問題だけを集めます。で、後ろの別冊部分をすべて解説に割いて、丁寧に説明をする形です。この形式では、石井辰哉さんの780問が有名ですが、旧TOEIC本ですよね。なので、新TOEIC形式でそういうものがあれば、受験者にも喜ばれるのではないかと思います。もっともっと勉強して、いつか機会があればそういう本を書いてみたいなあという、これは妄想です。


banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.