パート3・4の時間管理
10月のTOEICのメジャーフォーム(フォームによって採点基準が異なる)は、パート5のadvocate問題を確実に間違えたのですが、R495でした。ここ数回のメジャーフォームは、1問間違えると495ではなかったので、少なくとも得点上位の方々にとっては、難度が高かったと判定されたのではないかと思われます。ちなみに昨年の10月は1問ミスでOK、11月は年間最難で3問ミスしても495でした。詳しい採点基準が不明なので何とも言えませんが、1年前近辺の問題の採点基準が問題の採点基準に影響している可能性もあるのかな、と感じます。

さて今日は、珍しくリスニングパートの対策について、時間管理、という視点から簡単にお話ししたいと思います。

リスニングパートのディレクションって、どのくらいの長さか、皆さんご存知でしょうか。公式問題集でチェックすると、おおよそ以下の長さです。

リスニング全体&パート1: 1分43秒
パート2: 1分3秒
パート3: 32秒
パート4: 30秒

これをしっかり活用することが非常に大切です。よく試験会場でも見られるのが、パート1・2のディレクションの間にパート5を解く、という方法です。合計すると約2分近くありますから、1問20~30秒で解いたとして、4~6問解ける計算ですね。TOEICのルール上も黙認されています。ただ、私自身はこの方法は試したことがありません。やらなくてもパート7が最後まで解ける(嫌味)というのもありますが、集中力やリズムが乱れる気がするんです。

音声を聞きながらパート5を解くには集中力が必要ですが、集中しすぎていつの間にかパート1やパート2が始まっていた、なんてことになったら大変ですよね。ですので、この方法は人によって合う合わないがあると思います。パート5を先に解いたつもりが、パート1にマークしてしまった、といった悲劇の実例も報告されていますので、気をつけましょう。

私自身は、パート1・2のディレクション中は、パラパラとパート1の写真を眺めつつ、軽くパート3の41~43の設問に目を通しています。実際には、パート3のディレクション中に集中して先読みするのですが、事前に軽く頭に入れておくことで、次に読んだ時に頭に入りやすくなります。

パート3・4は時間管理が大切で、人によってやり方はさまざまだと思いますが、基本戦略は以下の通りです。

1. ディレクション中に最初の3問(41~43)の設問を先読みし、問われる内容を頭に入れておくことがパート3・4対策の最重要ポイントです。文章ではない単語レベルの短い選択肢(曜日、時間、場所等)も合わせて目を通します。また、600点レベルまでの方は、確実に解くべき問題、取れたらラッキーな問題を設問や選択肢の内容から判断し、3分の2が取れたらラッキー、という姿勢で臨みましょう

2. 問題文の音声が流れてきたら、先読みしていた内容に基づいて解答をマーク。大切なことは、次の44~46の設問の先読みに、10秒以上は確保することです。設問と設問の間隔は8秒ですから、最後の問題を聴きながら答えをマークしていたのでは遅いことになります。具体的には、3番目の設問が読まれる前にすべてのマークを終えて、次の44~46の設問を先読みしていなければいけません

3. 以下同じことの繰り返し

この他、時間節約のための一つのスキルとして、きれいにマークしないで、軽くマークして、時間の余裕が出た時点で塗りつぶす、という手もあります。これは問題ごとの進み具合にもよりますね。3番目の設問が読まれてからきれいに3番目の答えをマークしたのでは先読みができなくなってしまいますから、そうした場合は、軽く印だけを付けて、先読みに時間を割くべきです。

参考書などでは、パート3・4の60問をすべて軽く印をつけて解答し、リーディングセクションが始まったら一気に塗りつぶす、などという方法も紹介されていたりしますが、かなり疲れますし、結構時間もかかるので、私の場合は、軽く印をつけた問題は、2問目が読まれる前に既に3問とも答え終わっていたり、次の3問が比較的簡単で先読みの時間が余ったりといった、隙間時間に小分けしてマークするようにしています。

もちろん、人によっては、パート1・2のディレクションの時間でパート5を解き、その分でセーブした時間をまとめ塗りにあてる、という方もいらっしゃるでしょう。いずれにせよ、普段の学習の中で、自分に合った方法を試してみるのがよいと思います。やったことがない方法を本番でいきなり試すのは一番まずいですから、普段から慣れておくことが大切です。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.