1日1問TOEIC1105
今日の1日1問は、10月のTOEICで出題されたちょっと難しい問題からの出題です。記事は、Financial Timesからの抜粋で、世界第二位の食品会社クラフト・フーズのCEO・ローゼンフェルド女史が、同じ食品会社のCadbury(キャドバリー:クロレッツなどで有名)の買収を提案したことに関しての記事です。

Given ------- evident determination, Ms Rosenfeld is unlikely to be put off by Cadbury’s rejection of Kraft’s initial cash and shares proposal – or by suggestions of a potential culture clash between a US corporate giant and Cadbury’s “British” history and culture.

(A) herself
(B) her
(C) hers
(D) she

文意としては、ローゼンフェルド氏は、とても意志の強い人なので、現金と株式交換による最初の買収提案がキャドバリーに拒絶されたり、米国の大企業とキャドバリーの歴史ある英国の企業文化は衝突すると言われても、そんなことではめげないだろう、ってことです。put offは「延期する」の意味で覚えている方もいらっしゃるでしょうが、ここでは「やる気を削ぐ」の意味で使われています。どちらも「離れて置かれる」イメージですね。

この問題、正解は(B)herです。慣用的な分詞構文で、「~なので」「~だとすれば」といった意味で使われます。「Given that S+V~」の形もありますね。文法的な説明をすると、「As she is given her evident determination~(彼女は強い意志を与えられているので→意志が強いので)」の理由を表す接続詞Asと、ダブッているshe isが省略された形です。仮に(A)herselfを選ぶのであれば、「As she is giving herself evident determination~」が元の文ですから、冒頭がGivenではなくGivingでないといけませんが、「今強い意志を自分自身に与えている」だと意味的に変ですね。

元々分詞構文は、接続詞を省略して意味を曖昧にする効果があるので、無理に接続詞を使って文章を分けたりしない方がいいと思います。ここでは、「Given+名詞」「Given that S+V」という慣用表現として頭にインプットし、それぞれが使われている文のなかで、自然な意味を頭に思い浮かべることが大切だと思います。

ちなみに、ローゼンフェルド氏はこの方です。この写真だけでも意思が強いのが分かりますね。映画に出てきそうです。お、そろそろMLBが始まりますね。大学のレポートをまとめつつ、松井選手の活躍を見るとしましょう。5番DHで先発出場ですね。Go Matsui! Go Godzilla!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.