Critical Period Hypothesis
参考にして今日は水曜日提出予定の大学のレポートと、本日提出予定の企画書の作成があるため、手短な内容になります。と書きつつ、これぐらいの長さの方が読みやすい気もしますね。

大学に提出予定のドラフトの内容が、「Critical Period Hypothesis」というテーマなのですが、これが結構面白いんです。まだ調べ始めたばかりなので専門知識が足りないのですが、要は、「ある一定の年齢を過ぎると、言語習得に必要な能力が失われ、ネイティブと同等の言語能力を身につけるのは不可能になる」という理論です。

この理論については、現在もまだ論争が続いています。理論自体が正しい正しくない、発音はそうだがボキャブラリーには当てはまらない、6歳が境目だ、いや10代後半だ、などなど。本当にざっと文献のタイトルを読んでいるだけでも意見がいろいろとあります。

ブログ読者の英語学習に対する意欲を削ぐようですが、日本生まれの日本育ちで海外在住経験がない、もしくは、大人になってから海外移住し、ネイティブが判定してもネイティブと聞き分けられない英語を話す日本人、という例は、そうした調査の中では見当たりません。それ以前に、日本人被験者の例自体がほとんどないんです。

10代後半を過ぎてから英語に接し、ネイティブ同等の英語を話すようになった、という例は、オランダやスペイン、ドイツといった国の母語話者でレポートされていますが、それもあらかじめ準備されたテキストの読みあげや単文が主なので、自由会話ではネイティブレベルではない、と指摘する声もあります。

現状では、日本語と英語との言語的な距離が大きいので、最初に言語に触れる時期が遅ければ遅いほど、ネイティブライクな言語習得に壁があるのは確かだと思われます。「うーん、やっぱり中学校で英語を習い始めたやり直し英語組の自分はネイティブになるのは無理かあ」と思うと、モチベーションが下がる人もいるでしょうか。ただし、トレーニング次第で、ネイティブと同じとはいかなくても、多少のアクセントはあるものの、自由に英語を操る例はもちろんいくらでもあります。CPHについての論争も、あくまで「ネイティブと同じかそうでないか」をポイントとしているだけです。

大前提として、我々一般の英語学習者の目標のほとんどは、ネイティブになることではなく、英語の運用能力を高め、自分の人生の目標を達成するための手段とすること、ではないかと思います。母語は日本語ですからね。そういう視点では、別に英語学習のスタート時期が遅いとネイティブにはなれない、としても、問題はありません。自分たちの母語である日本語に誇りを持ちつつ、第二言語である英語の言語習得レベルを上げることで、人生が豊かになればそれでいいですよね。

そう考えるとむしろ、ネイティブと同じではなくとも、高い英語運用能力を身につけている人がいる、という部分に目を向ければ、こうした研究成果にも勇気づけられるのではないかと思いますし、そうした形でレポートの方向性をまとめようかと思っています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.