Critical Period Hypothesis
参考にして今日は水曜日提出予定の大学のレポートと、本日提出予定の企画書の作成があるため、手短な内容になります。と書きつつ、これぐらいの長さの方が読みやすい気もしますね。

大学に提出予定のドラフトの内容が、「Critical Period Hypothesis」というテーマなのですが、これが結構面白いんです。まだ調べ始めたばかりなので専門知識が足りないのですが、要は、「ある一定の年齢を過ぎると、言語習得に必要な能力が失われ、ネイティブと同等の言語能力を身につけるのは不可能になる」という理論です。

この理論については、現在もまだ論争が続いています。理論自体が正しい正しくない、発音はそうだがボキャブラリーには当てはまらない、6歳が境目だ、いや10代後半だ、などなど。本当にざっと文献のタイトルを読んでいるだけでも意見がいろいろとあります。

ブログ読者の英語学習に対する意欲を削ぐようですが、日本生まれの日本育ちで海外在住経験がない、もしくは、大人になってから海外移住し、ネイティブが判定してもネイティブと聞き分けられない英語を話す日本人、という例は、そうした調査の中では見当たりません。それ以前に、日本人被験者の例自体がほとんどないんです。

10代後半を過ぎてから英語に接し、ネイティブ同等の英語を話すようになった、という例は、オランダやスペイン、ドイツといった国の母語話者でレポートされていますが、それもあらかじめ準備されたテキストの読みあげや単文が主なので、自由会話ではネイティブレベルではない、と指摘する声もあります。

現状では、日本語と英語との言語的な距離が大きいので、最初に言語に触れる時期が遅ければ遅いほど、ネイティブライクな言語習得に壁があるのは確かだと思われます。「うーん、やっぱり中学校で英語を習い始めたやり直し英語組の自分はネイティブになるのは無理かあ」と思うと、モチベーションが下がる人もいるでしょうか。ただし、トレーニング次第で、ネイティブと同じとはいかなくても、多少のアクセントはあるものの、自由に英語を操る例はもちろんいくらでもあります。CPHについての論争も、あくまで「ネイティブと同じかそうでないか」をポイントとしているだけです。

大前提として、我々一般の英語学習者の目標のほとんどは、ネイティブになることではなく、英語の運用能力を高め、自分の人生の目標を達成するための手段とすること、ではないかと思います。母語は日本語ですからね。そういう視点では、別に英語学習のスタート時期が遅いとネイティブにはなれない、としても、問題はありません。自分たちの母語である日本語に誇りを持ちつつ、第二言語である英語の言語習得レベルを上げることで、人生が豊かになればそれでいいですよね。

そう考えるとむしろ、ネイティブと同じではなくとも、高い英語運用能力を身につけている人がいる、という部分に目を向ければ、こうした研究成果にも勇気づけられるのではないかと思いますし、そうした形でレポートの方向性をまとめようかと思っています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
TOEFL ITP受験記
朝からテニスの試合で、打ち上げにも参加し、先ほど帰宅しました。今日は、直接TOEICとは関係ないのですが、昨日受けたTOEFL ITPについて記事にします。

TOEFLといえば、私も受けた4時間半のiBTをイメージされるかもしれませんが、TOEICのIP同様、団体受験的なITPが最も受験者数が多いようです。ですが、事前に問題形式等を調べようと思ったら、なかなかググッてもよいサイトがヒットしなかったので、もし受験される方がいらっしゃったら、以下ご参照頂ければと思います。

全体の構成は、リスニングが50問で約35分、グラマーが40問で25分、リーディングが50問で55分と、全部で140問・約2時間の試験です。こう考えると、あれ、TOEICより問題数が少なくて時間が同じとは楽じゃん、と思われるかもしれませんが、受験した印象としては、TOEICより時間に追われる感じの厳しい試験でした。以下、試験の形式と感じたことをまとめます。

試験前
まず気付いたのは、マークシートのマーク部分が丸くて大きいことです。丁寧に塗ろうとすると時間がかかってしまうので、縁までしっかりきれいに塗らないと気が済まない受験者だと大変です(笑) また、iBTとは異なり、TOEIC同様、問題用紙や解答用紙への書き込みは禁止です。

パート1:リスニング(50問)
最大の特徴は、TOEICとは異なり、リスニングパートが終わると、戻ってマークすることができないことです。ですので、TOEICでよくやる、リーディングの空き時間を利用しての見直しや一気マークは不可能です。このリスニングパートは3つのセクションに分かれています。

(1) 短文会話問題:30問
TOEICのパート2とパート3の中間のような問題です。2、3の簡単なやり取りの後、質問が1問出されて、次の会話に移ります。学校の話題以外に日常会話もあり、トピックがコロコロ変わるし内容が多岐に渡るので、頭を切り替えるのが大変でした。

(2) 長文会話問題:8問
パート3を倍にしたようなえらく長い会話が2題×各4問です。会話が長い上に、「蟻はなぜsidewalkにたくさんいるか知ってる? この間動物学の授業で聞いたんだけど・・・」と、なじみのない話題にちょっと戸惑いました。

(3) 講義問題:12問
大学の授業を聴いて答える問題が3題×4問です。内容が社会学とか地質学とかだったので、ビジネストピックのTOEICより、聴いていて大筋を理解するのが大変でした。

パート2:グラマー(40問)
このパートは、とにかく時間がなくてあせりました。パートごとに制限時間が設けられているため、TOEICのようにリーディングで時間が余ったら戻る、ということができません。このパートは慣れが必要です。このパートは2つのセクションに分かれています。

(1) 空所補充:15問
文法的に正しいものを選んで空欄を埋める問題ですが、問題文にTOEICより難解な語彙や文型が散りばめられていて苦労しました。

(2)誤文訂正:25問
これはきつかったですね。文の内容がアカデミックで語彙や文型がTOEICよりも難解で、正直分からない問題が何問かありました。傾向と対策が必要なセクションです。

パート3:リーディング(50問)
TOEICより長いパッセージ(体感的には1.5倍くらい)が5題×10問です(設問数はうろ覚え)。このパートだけは唯一10分近く余ったのですが、前のパートに戻ることが許されないのが厳しいところです。最初の2つのパッセージが、「海岸線が異なった物質で構成されるのはなぜか」「からす(raven)の行動に関する実験について」といった理系のアカデミックな内容で苦戦。最後の2パッセージが、「ルーズベルト大統領のニューディール政策」と「米国の緑化運動」だったので、何とかここで時間を節約して解くことができました。TOEICタイプの同義語問題が1パッセージについて2~3題出題されるのですが、意味的に微妙なものが選択肢に混じっていて、正解の基準がいまいちよくわかりませんでした。戸惑ったのは、なぜか問題が50問なのに、マークシートが60番まであったことです。めちゃめちゃ焦って50番まで解いて次を見たら、「This is the end of the reading test.」の表記が。おかげで10分余りました(笑)

英検を受験された方もそうでしょうが、TOEIC以外の試験を受けるのは良い経験になりますね。リスニングは途中で頭が飽和しそうになりましたが、最後まで何とか気合で乗り切りました。結果は2週間程度で分かりますが、体感的には620~630点ぐらいかなあという感じでした。留学する人や大学院に通う予定の人以外は不要な試験ですが、刺激になりましたね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.