FC2ブログ
1日1問TOEIC1023
一旦売り切れた特急シリーズが再入荷しているのを楽しみにしつつ近所の本屋さんに行ったら、なぜか単語と文法は各3冊ずつ入荷しているのに、読解だけが未入荷だったので、一瞬その場に立ち尽くしたものの、気を取り直して、「入荷しますように」と心の中で手を合わせてその場を離れたTEX加藤です。

では、今日の一日一問です。

------- to the construction of the dam on the Daido River in Shiga Prefecture is growing among the governors of Osaka, Kyoto, Shiga and Mie.

(A) Opposition
(B) Opposing
(C) Oppositional
(D) Oppose

滋賀県大津市の大戸(だいど)川建設に関して、昨年4府県の知事の間で反対の機運が高まった時のニュースをアレンジしてみました。

実は、私は昨年の4月にTOEIC対策でしっかりと文法からやり直す以前は、この手の問題をよく間違えていました。当時のスコアは950だったのですが、あまり深く考えずに感覚で解いていて、なんとなく(B)を選んでいました。パート5で2-3問間違える際の典型的なミスのパターンの一つがこのタイプの問題だったんです。

まず、文型を見ると、冒頭が空欄で、その直後に前置詞があるので、この前置詞以下は冒頭の主語(名詞)を説明する飾りだと分かります。なので、述語動詞を探してみると、is growingが見つかり、これがVです。その後にamongという前置詞があるので、ここから先も飾りです。amongの前で切っても文章は完成していますね。

なので、飾りをすべて取り払った全体の形は、------ is growing.という単純なS+Vの第1文型となります。当然、ここの空欄には名詞が入るので、形容詞の(C)や動詞の(D)は間違いです。と、ここまでは上級者の方なら分かるかと思います。

(A)の名詞と(B)の動名詞はどっちも主語になりえますし、どっちも単数形なので、主述の一致で解くことはできません。で、当時の私はここまで絞った後、フィーリングで、「どっちでもよさそうだ」などと適当に(B)を選んでいましたが、正解は(A)Oppositionです。

この問題のキーは、空欄後のtoにあります。実はopposeは基本的に他動詞なので、前置詞無しで直接目的語を取るんです。なので、ここにtoがなければ(B)が正解になりえます。(注)隠しコメントさんにもご指摘頂いたのですが、この形、文法的には誤りではないのですが、opposeするというアクションがgrowするという文脈には意味的に違和感があって、正解文の方が自然です。

「建設に反対すること」と日本語で考えてしまうと、「oppose to the plan」かな、と思ってしまいますが、「oppose the plan」が正しい使い方です。これがまたややこしいことに、受身になると、I am opposed to the plan.とtoがつくので、英英辞典や英辞郎で例文を見つけて、何度か音読してイメージを頭に焼き付けるのがよいと思います。

さらに掘り下げると、当時の私がイメージしていたように、「OppositionでもOpposingでも同じで、どっちも正解やろ」という適当な認識は誤りです(そんなわけない)。動名詞、というのはその名の通り、動詞にingがついて名詞の役割をするのですが、そのまま置き換えられるんだったら、名詞をそのまま使えば済む話ですよね。

動名詞は、「~すること」と皆さんも覚えていらっしゃるように、その名の通り、

1. 句の内側では目的語を取ったり、修飾語がついたりといった動詞の役割
2. 句の外側に対しては名詞の役割

と、動詞と名詞を兼任します。たとえば、Reading a book is fun.という文章では、readingは、a bookという目的語を取る他動詞の役割をしつつ、全体の文章では主語となる名詞の役割をしているわけです。この問題文では、名詞句の中で他動詞の役割をしているわけですから、前置詞のtoをつけてはいけない、ということになりますね。解説を書いていて自分でも考えが整理できました(笑)

10月のTOEICまで残り二日です。体調を万全に整えて、受験票に写真を貼るのを忘れないようにしましょう!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.