FC2ブログ
1日1問TOEIC1021
昨夜のテンプルの授業で、十数名のネイティブを相手に40分の文法の授業を行うという課題を終えてぐったりしているTEX加藤です。「Tense and Aspect」をテーマに、教科書の簡単なサマリーをして、その後、グループワークを行う、という課題です。「日本人が間違いやすいWillとBe going toの用法の違い」をトピックにして、何とか乗り切りました。いや、いい経験になりますね。ほっとしたのもつかの間、今日はエッセイライティングの課題の提出日です。さすがに大学院は楽じゃないですね。気合と火事場の馬鹿力で頑張らねば。

ということで、今日の1日1問は手短にさせて頂きます。え、いつも長すぎだから、これぐらいの短さでいいんじゃないのって?(汗)

Tex Kato is preparing for his presentation which is going to start at 12:00 -------.

(A) subtly
(B) briefly
(C) precisely
(D) timely

まず、選択肢を見ると、副詞っぽいものが4つ並んでいますね。なので、これは語法か語彙の問題だなあと判断します。次いで、位置を見ると「12時」という特定の時間の後についています。ここで定型表現に気づけば正解を選べますが、仮に気付かなかったとしましょう。

語法や語彙の問題ですから、まず冒頭から読み進めると、presentationまでで文章が完結していますね。次いでwhichが続き、この節に主語がないので、関係代名詞の主格だと判断できます。先行詞のpresentationを説明しているわけです。構文的には比較的簡単ですね。ということは、この文末の副詞は、追加情報であるwhich節に関係していて、副詞は名詞を修飾しませんから、startという動詞を修飾していることが分かります。「12時XXXに始まるプレゼン」ということです。

ここで再度選択肢を見ます。まず、(A)は、subtle(微妙な)の副詞形です。「12時微妙に始まる」ではおかしいですね。最近の若い日本人の女の子なら選んでしまうかもしれませんが(笑) 続く(B)を選んでしまった方がいるかもしれませんが、「手短に」「しばらく」の意味なので、「12時しばらくに始まる」は変ですね。文意に合いません。続いて、(C)preciselyですが、これは、「accurately and exactly」の意味ですから、「12時丁度に始まる」となって意味が通じて、これが正解です。時の1点を表す「at」とのつながりもぴったりです。類似表現で、「at 12:00 sharp」も押さえておきましょう。

(D)のtimelyですが、これ、実は形容詞なんですの。奥さん。日本語でも「タイムリーな話題」っていいますよね。ちゃんと名詞を修飾しています(笑) ググってみると、timelyが「折よく」「時節にあった」の意味で副詞で使われる例もあるようですが、私の手持ちの電子辞書のコウビルドとオックスフォードには形容詞としか書かれていないので、あまり使われないのではと思われます。ポイントとしては、このtimelyのように、「名詞+ly」は形容詞になる場合があるので要注意です。friendly, manly, lovelyなどがそうですが、どれもTOEICではあまり出そうにないですね。

10月TOEICまで残りわずかですが、最後の追い込み、頑張りましょう!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.