FC2ブログ
TOEFL iBT体験記
英検受験者の皆さん、お疲れさまでした。皆さん、手ごたえはいかがだったでしょうか。私はTOEFL iBTで爆死しました(笑) 以下、TOEFL iBT受験記です。

会場は東高円寺にある新渡戸学園でした。9時半までに会場入りしなければいけない旨がConfirmation Mailに記載されていたので、9時10分過ぎに会場に到着。まずは、試験会場と別室で、何やら登録用紙に必要事項を記入しなければいけないようです。なんかすらすら英語で書いている受験者がいるので、びびりながらもらった用紙を見てみると、「私は受験者本人で、問題についての情報は一切口外しません」といった用紙に書かれている文章を、自分で写してサインする同意書でした。これは解答速報とかやったら確実に訴えらますね(笑)

同意書にサインして、パスポートを係員に見せて本人確認が終わり、トイレに行った後、試験会場の部屋へ移動しました。部屋の外の廊下には、病院の待合室のように椅子が並べられていて、10人程度の受験者の皆さんが座って順番待ちをしています。2~3分置きに一人ずつ受験者の名前が呼ばれ、会場に入っていきます。私もしばらくしたら名前が呼ばれ部屋に入りました。

部屋の中ではすでに受験者の方が20人ぐらいでしょうか、真剣な表情でヘッドセットをつけて画面に向かって試験に取り組んでいます。私も、成績表に記載する写真を入り口脇で撮影し、またもやパスポートで本人確認した後、席に移動しました。携帯電話の電源をオフにするよう注意はありましたが、特に荷物を回収されるようなことはありませんでした。席に着き、TOEFLで許されているメモ用の用紙と鉛筆をもらって、ヘッドセットのサイズと音量、マイクの感度をチェックして、画面に従っていよいよ試験開始です。

試験内容の詳細については書けませんが、4時間の試験はものすごくタフでした。まず、集中力を維持するのが大変です。他の受験者の方と試験開始時間に差があるので、リーディングの最中に、他の受験者がマイクの感度テストをしている音声が聞こえてきたり、リスニング中に隣の人がスピーキングを始めたりします。私の前の席の男子学生は、画面の指示の英語の意味が分からなかったようで、さかんに手を挙げて係の方が何度も足を運んで説明をしていました。そういう状況でも試験は容赦なく進むので、とにかく画面に集中しなければいけません。

マイクの感度調整は、TOEICのSWと同じで、「Describe the city you live.」といったタイトルで適当に話すのですが、ディレクションの意味を勘違いして、何度も何度も「Describe the city you live. Describe the city you live.」と大声で繰り返している受験者の方が近くにいたりして(笑)、リーディングの集中力を維持するのに最初は大苦戦しました。こればっかりは慣れが必要ですね。会場全体がシーンと静まり返ったTOEICとは全然違います。

リーディングは、700語程度のパッセージが3題で、それぞれ14問ずつだったと思います。最初にまず1つ目のパッセージを20分の制限時間で解くのですが、集中力が足りない上、時間管理の感覚が分からず、TOEICのように全部読んで丁寧に解こうとしたら、2問を残して残り時間が1分に(大汗) 焦って冷静に考えることができず、多分間違えたと思います。TOEICの時間管理の大切さを間接的に身をもって知りました。

リーディングの残り2題は、合計40分で解くのですが、最初のパッセージの反省を元に、迷った問題もあまり考え込まずに、さっさとペースを守って解いたので、時間内に終わりました。感覚的にはリーディングで25/30点ぐらいかなあという感じです。

リスニングは、キャンパスを舞台にした会話や、アカデミックな内容の講義を聴いて質問に問題に答える形式です。会話が2題と講義が1題の計3題ありました。このセクションはまずまずできたと思いますが、ペース配分が分からず、「リーディングの反省を生かすぞ」と意気込んでTOEIC的にどんどん解いていったら、それぞれ10分の制限時間なのに2~3分ずつ余りました。このセクション、一旦先に進むと戻れないんですよね。もう少し丁寧に解けばよかったなあ。ケアレスミスがあることは間違いありません。このセクションの自己採点は甘めで27/30程度だと思います。

スピーキングは玉砕でした。今回の最大の反省点です。テーマに沿った即興のスピーチや、考えをまとめて英語で口頭で説明するというスキルが不足していることを痛感しました。話そうと思っていることが整理できないままに話し始めて、収拾がつかなくなるパターンの繰り返しでした。また、アカデミックな内容の講義を聴いてそれを口頭で要約する、という問題では、講義の意味自体がいまいち分からず、「分からんのに要約できるかいな」と思いつつ、でっちあげで話しました。このセクションは20点行けば御の字ですね。英語を話す練習しないとなあ。まだまだ力不足です。

最後のライティングはまずまずでした。アカデミックな内容の記事を読み、それに対しての講義を聴いて150~200字で内容をまとめるというサマリーと、テーマに沿った300WORDのエッセイライティングです。やっぱりライティングの場合は書きながら修正もできるので、スピーキングのような瞬発力が求められない分、楽に感じました。PCのキー配列がいつもとちょっと違うのに戸惑いましたが、希望的観測も含め、感覚的には25/30ぐらいの印象です。

ということで、全体をまとめると、25+27+20+25なら、合計97/120と目標の90をクリアできますが、スピーキングが減点され、リスニングの予想が甘すぎると、ピンチかもしれません。保険のITPで頑張らねば。スピーキングがないからちょっと安心(弱気) ちなみにiBTのスコアは1カ月程度で送られてくるようなので、玉砕でも公開しようと思いますが、あまりにスコアが低い場合は雲隠れするかもしれません(笑)

いやしかし、英検チャレンジャーの皆さんも感じると思いますが、TOEIC以外の厳し目の試験を受けるって刺激になりますよね。もっともっと修業するぞ!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
TOEFLの日
「リラックマのだららんTOEIC学習」、そんな本のタイトルが頭をよぎったTEX加藤です。リラックマのかわいいイラストが入っていて、「後ろがS+Vなので、despiteを選んではいけませんよ~」などと語りかけます。売れないだろうなあ。 

昨日のTBR特番、ネットの不調で1時間以上開始が遅れ、しかもリンク先に誤りがあったので、聞こうと思ったけど聞けなかった読者の方、申し訳ありませんでした。来週のTOEICの後のTBRの前に問題が発覚したのが不幸中の幸いでしたが、せっかくの貴重な土曜日の午後のお時間を無駄にしてしまってすみません。そのうち神崎さんのHPにてダウンロードが可能になるかと思いますので、ご興味のある方は、そちらにて内容ご確認頂ければと思います。

さて、今日は朝からTOEFL-IBT受験のため、ブログの更新はお休みします。この試験、何と朝10時開始で、4時間以上の長丁場なんです。私の場合、テンプル大学から90点以上を取るように求められているので受験しますが、対策のための勉強時間もなく、何も準備していません(汗) え、準備していなくても高得点を取るのが本当の英語力じゃないの、って。あわわ。そ、そうですよね。

昨日、神崎さんとラジオの後、Morite2さんを交えて食事したので、「TOEFLって、何から始まるの?」って聞いて、リーディングから始まることや、リスニングとスピーキングの間に休憩があることを知ったレベルです。もし、90点に達しないとまずいので、ペーパー版のTOEFLも受験することにしました。こちらは580点が合格点のようですが、大学生の時に600を超えていたので、何とかなるかな、と楽観的に考えています(クリアできなかったら顔面蒼白)。

このTOEFLって、英語能力を測定する試験としてはとても優れていると思われますが、ものすごく受験者に不親切な印象を既に受けています。まず、受験料が何と200ドルです。いくらなんでも1回2万円の試験って、特に学生さんには厳しいですよね。また、試験の申し込み手続きは全部英語です。HPで必要事項を入力し、最後にカードで支払いましたが、英語が苦手な方や、カードを持っていない方には敷居が高いと思います。

で、一旦申し込んだら、先方からは何の音沙汰もありません。受験票も送られてきません。仕方ないので、HPで本当に申し込まれたのかを確認すると、明日の試験の際、事前に申し込み確認画面をプリントアウトして、パスポートを持参する必要があることが発覚しました。運転免許証だけではだめなようです。チェックしていなければ危うく試験を受けられないところでした。

また、公式HP上のMy Pageというところにログインして、登録番号を確認する必要もありました。明日の受験の際にその番号が必要とのこと。マイページなんてどこにあるか分からないし、やっと見つけたと思ったら、だいぶ前に登録していたので、パスワードも忘れたし、「もーどないなってんねん」とPCの前で関西弁で叫んでしまいました。米国のサイトなので、パスワード設定のルールが厳しくて、パスワードを作ること自体が面倒なんですよね。

さらに、これは私の不注意がいけないのですが、希望大学にスコアを送ってもらう際、試験前日の22時までに手続きをしていないと、送付が有料になってしまうとのこと。私はさっきこの事実を知ったので、泣く泣く17ドル払って手続きしました。合計217ドルの出費です。ひゃー。

まあ、試験って本来こういうもので、TOEICが至れり尽くせり過ぎるのかもしれませんね。改めてTOEICは日本人にやさしいことを実感しました。テンションがやや下がり気味ですが、何とか90点をクリアできるよう頑張ろうと思います。

TBRで知ったのですが、今日は英検の一次試験も行われるようですね。このブログの読者の方で受験される方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もTOEFL頑張りますので、英検戦士の皆さんも頑張ってください。ご健闘を祈らせて頂きます。

いや、しかし217ドルかあ(←まだしつこく言ってる)


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.