FC2ブログ
1日1問TOEIC1017
昨日、内村選手に続き、何と女子の鶴見選手が銅メダル獲得! 体操女子個人総合のメダル獲得は1966年以来だそうです。私が生まれる前じゃありませんか。まさに快挙ですよね。嬉しいなあ。

さて、今日の1日1問は、内村選手が金メダルを取った体操男子個人総合で、7位だった米国のマクニール選手についての記事からの出題です。4種目を終えてメダルを狙える位置にいたのに・・・という内容です。

McNeill was actually in the third place after four rotations, but he looked tight, as if he ------- trying to hang on to that spot on the podium.

(A) is
(B) would
(C) were
(D) had been

あまりTOEICでは出題されそうにない問題ですが、英語感覚を試すにはいいかなと思って作りました。簡単に解けたでしょうか?

まず、最初の文で、マクニール選手は4種目を終えて3位だったことが分かりますよね。当然、過去の事実ですから過去形が使われています。「~、しかし、彼は固くなっているように見えた」と来て、次の文は、「表彰台の3位の座(that spot=the third place)にしがみつこうとしているかのように」ということですが、当然、実際に表彰台にしがみこうとしていたわけではありません。そんな駄々っ子みたいな選手がいたら大変です。あくまで仮定の話ですよね。podiumは、「演壇」の意味で、The man is making a speech on a podium.といった形でパート1で問われる可能性があるので押さえておきましょう。

問題に戻ると、「過去の仮定を表すのは仮定法過去完了だから、were じゃなくてhad beenが正解だ」って思って(D)を選んでしまった方、いらっしゃるでしょうか。そうやって私も習った記憶があります。実は、仮定法過去完了というのは、If節の時制が、もう一つの節よりも前のことを表す時に使われるんです。たとえば、If I had left ten minutes earlier, I would not have missed the train.なら、「10分早く家を出る」のは、「電車を逃す」ことよりも前ですよね。If Tex Kato had been married, he would not have quitted his job. も同じです。過去の話だから過去完了形が使われているわけではありません。

つまり、たとえ過去のことであっても、二つの節の時が同時であれば、「as if he were」でOKなんです。He talked as if he were an expert.だったら、彼はまるで専門家のように話した、と過去の話ですが、時のズレがないのでhad beenにはなりません。ということで、今日の問題の正解は、(C)wereです。「まるで何とか表彰台にしがみつこうとしているかのように固くなっていた」わけですから、時のズレがありませんね。

この点に関して、「表現のためのロイヤル英文法」(綿貫陽 マーク・ピーターセン共著:旺文社)にはこう書かれています。

要するに、主節の動詞の「時」を基準にして、その時点のことを言うのか、それより前のことを言うのかで、仮定法を過去にするか、過去完了にするかを決めるのである。

ちなみに、今年の3月のTOEICで仮定法過去完了が出題されましたが、その時は、教科書通り、If S had Vpp, S (would not have seen)~という形でした。今後も仮定法が出題されるかどうかは分かりませんが、出題される場合は教科書通りになる可能性が高そうです。

英語学習の最初のうちは、基礎が大切ですから、「過去の仮定を表すのは仮定法過去完了で、その形は、If S had Vpp, S would/should/could have Vpp」ってルールを覚えることは大切です。でも、レベルアップするに従って、丸暗記ではなくて、「なぜそうなるのか」ということも理解していきたいですよね。英語は方程式ではなくて言葉ですから。

などと言いつつ、私もTOEIC受験を再開した際、仮定法が苦手でした。学習法として、まずは文法書で基本的なルールを覚えて、次に問題集で演習して、英文を読む際に仮定法が出てきたら注意して文の形を見ることにしました。この学習法は効果があると思います。

今日はこれから神崎さんとラジオです。Danもスカイプで参加するようですが、スカイプってなんじゃ、とアナログ人間の私は現代のデジタル技術の脅威にびびっています。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.