FC2ブログ
前置詞攻略作戦
会社でいつもより早く出社してきた同僚の加藤さんに対して、「今日はなぜこんなに早いの?」というセリフ、英語で何と言うでしょうか? ちょっと考えてみてください。※最初は上司と秘書という設定でしたが、その場合は疑問文よりYou are so early, Mr. Kato.と単に事実のみを述べる形がビジネスマナー上は普通という日向清人さんのご指摘を受け、設定を変更しました。ご指摘ありがとうございます!

日本人的思考だと、

Why are you so early, Mr. Kato? 
Why did you come so early, Mr. Kato?

でしょうか?

昨日ある本で見つけたネイティブ表現は、

What brings you in so early, Mr. Kato? 

でした。上の二つと比較して、とても生き生きとした表現に感じられますよね。なかなかこの感覚は日本人だと出てきません。

TOEICで、こうした英語感覚が求められるタイプの問題である前置詞を今日は取り上げてみます。毎回2~3問出題されますが、中には「どっちかな?」と微妙な感覚を要求される問題もありますよね。上級者にとっても意外な落とし穴だったりします。

私がTOEICの前置詞対策としておすすめしたいのが、それぞれの前置詞の持つイメージや感覚を自分の中に持つことです。

第1回(2回目は未定)の今日は、underを取り上げてみます。Underは、「真下」のイメージですね。パート1では頻出です。木の下ならunder the tree、橋の下ならunder the bridgeです。Underは年齢にも使われます。Under 20なら20歳未満です。20歳は含まれません。豆知識ですが、サッカーのU20日本代表は、2009年1月1日現在で19歳以下の選手に出場資格があります。under coverはカバーの下ですから、隠されている、秘密のイメージです。これが1語になって、undercover agentといえば007のような秘密捜査員ですね。

この「真下」のイメージは、「状況下」というイメージに広がります。外国の工事現場には、「under construction(建設中)」の看板がありますし、討議中ならunder discussion、修理中ならunder repairです。どれも、「建設、討議、修理といった状況下」のイメージです。

また、「影響下」という意味になると、under pressure(圧力下、プレッシャー下)やunder law(法の下)、TOEICにも出たunder regulationは規制や規則の下にあるイメージです。つい先日、テンプルの授業でネイティブが使った表現は、「I’m under the impression that ~」でしたが、これは、「~という印象下にある→~という印象を持っている」という意味です。保証の効力が及ぶ影響下ということで、under warrantyは「保証期間中」の意味になります。加藤さんの下で働いているのなら、work under Mr.Katoです。この方はラッキーな方ですね(笑)

こうしたイメージをつかむための手段として有効なのがイラストです。私は絵心がないため、アーティストである「ころりんさん」にお願いして描いて頂きました(クリックで拡大します)。ころりんさん、ありがとうございました。

UNDER_THE_TABLE_10_words_BW.jpg

いかがでしょうか? 文字で書くより随分と伝わりやすいのではないでしょうか。このイメージをしっかりと頭に焼き付けておけば、本番でunderが出たら正解できるはずです。こうした前置詞のイメージをまとめた本としては、大西泰斗さんの「ネイティブスピーカーの前置詞」(研究社)や、田中茂範さんの「話せる英単語ネットワーク」(アルク)などは参考になるかもしれません。私はマイナー本ですが、清水建二の「絵とフレーズでものにする前置詞」(明日香出版)の絵が好きです。書店で手に取ってみて、自分の感覚に合いそうなものを一冊購入して読んでみるのもよいと思います。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.