FC2ブログ
目立つ力
最強を目指すため、「くもんの中学英文法 中学1~3年 スーパーステップ」を購入したTEX加藤です。読んでいると、中学時代に英語を勉強し始めた頃の記憶がよみがえって懐かしいですね。「アルファベットが決まった順番でならぶと、意味のあることばになります。これを“単語”といいます」とか(笑) 高校レベルの基本の文法書は何冊か読んだのですが、中学レベルにはノスタルジックな楽しさがありますね。はっとさせられる記述がところどころにあって勉強になります。

昨日、書店で勝間和代さんの新刊「目立つ力 インターネットで人生を変える方法」(小学館101新書)を購入して読みました。ブログ等、インターネットを活用し、「目立つことによって、夢を達成しやすくする」という目的を達成するための方法がまとめられた一冊です。これから自分のブログをどうやって運営しようかなと思っているブロガーの皆さんや、ブログをこれから始めようかな、と思っている方なら有意義な情報が得られるでしょう。

この本を読んで感じたのですが、勝間さんの本が人気になっている理由の一つは、コストパフォーマンスの高さではないかなあと思います。この本は1時間ほどで読めましたが、800円弱の価格で、1時間程度でさらっと読めて、そこに何かしら目からうろこの新情報がある、という点に強みがある気がします。

ヘビーな本を何時間、あるいは何日もかけて読んで今一つの内容だったり、以前読んだ本と内容がかぶっていたりすると、なんか損した気分になりますよね。勝間さんの本は、その点、安定したクオリティで、それぞれの本が他の本とコンセプトが明確に差別化されていて、しかも時間をかけずに読める、という点で優れていると思います。

逆にいうと、強烈な感動やインパクトのあるタイプの本ではないので、50万部以上売れる爆発的なヒットがないともいえます。とはいえ、今の出版不況の時代に、安定して10万部の販売が見込める著者は、小説以外では稀有だと思いますので、出版社にとっても貴重な人材でしょうね。

この本で、私がとても面白いなあと思ったのは以下の情報です。ブログのユニークユーザーの数(1日あたり何人の異なった訪問客があるか)を、メディアとしての影響力にたとえています。

1日当たりの訪問人数
100人未満…まだ、完全な個人ブログです。
100~1000人未満…一部の人の興味を引きつつあり、ミニコミ誌並みです。
1000~1万人未満…特定のファン層には食い込んでいるメディアで、専門誌並みの力があります。
1万~5万人未満…かなりの影響力があるブログで、一般雑誌並みの力があります。
5万人以上…日本では有数のブログです。マスコミ並みの力があります。

勝間さんのブログは1日1万人以上が訪問されるのだとか。すごいですよね。当ブログはといいますと、最近は1日500-600人のユニークユーザーにご訪問頂いています。上記のレベル分けで見ると、ミニコミ誌並みってことですね。ありがたい限りです。ちなみにTOEICの日は1日1500人程度の方が訪問されるので、おおっ、専門誌並みだ(笑)

この本では、ブログの集客を増やすための勝間流20の法則も書かれていて、とても参考になりますが、結局のところ、以下の点に尽きると思います。

*とにかく魅力あるコンテンツを目ざして、ブログに投稿を続ける、続ける、続ける
*読んでくださっている人への、感謝の気持ちを忘れない

この二つは本当に大切ですよね。常にこの二つだけは意識したいです。アクセス数を増やすことだけが目的になってはいけません。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.