FC2ブログ
最強という名のもとに
知人に勧められたボールペン「ジェットストリーム」の使いやすさに衝撃を受けているTEX加藤です。いや、これ、いいですね。書き心地がものすごく滑らかで、インク溜りが全然できません。値段も150円ですし、超お勧めです。大ヒット商品だから皆さんご存知でしょうか? もし、ボールペンを使う機会が多くて、インク溜りとか、裏写りとかが気になるようでしたら一度是非試してみてください。

さて、今日は1日1問ではなく、とりとめのない内容です(えー)。

私が中学生の頃、プロレスが大ブームになったことがあります。今となっては信じられませんが、テレビ朝日・毎週金曜日の夜8時のゴールデンタイムで、「ワールドプロレスリング」って番組が放送されていました。私は、毎週、もうその時間が待ちきれなくて、番組が始まったらテレビの前に釘付けでした。アントニオ猪木やタイガーマスクが試合する様子に興奮して、月曜日になると学校ではその試合の話題でもちきりでしたね。今、報道ステーションで司会をしている古館伊知郎さんが実況アナウンサーを務め、独特のスタイルのしゃべりで一躍人気になったのもこの番組です。

その後、プロレス団体は離合集散を繰り返し、登場したのが、高田延彦率いる「UWFインターナショナル」という団体でした。今はすっかりバラエティー番組のゲストになっているイメージの高田さんですが、「プロレスこそ最強の格闘技である」という旗の下、プロレス界の総合格闘技への一つの流れを作ったストロングスタイルで、「プロレスって実はショーで、プロレスラーって弱いんじゃないの」という意識が芽生え始めていたプロレス界の救世主になったんですね。その高田さんの著書のタイトルが、「最強という名のもとに」です(タイトルはきっとドラマのパクリですね)。

最近、TOEICを教えるための勉強をしているのですが、学習者と指導者は全然違うってことを改めて感じています。自分が問題を解けるのと、それを人に教えるってことは天と地の違いがありますね。自分が感覚的に不正解だと分かる問題でも、生徒さんになぜそれが間違いなのかを論理的に説明できないといけません。野球でもよく、「名選手必ずしも名監督ならず」っていいますよね。え、あんたは名選手って呼べるほどじゃないんだけどって? まあ、そういう声は都合よく無視して、TOEICを教える仕事をするからには「最強」(少なくとも自分の中では)を目指さなければ、と思います。

格闘技の世界でも、いろんなジャンルがあって、それぞれの分野で、選手が「最強」を目指しています。何を持って最強というのかは人それぞれで、「最強」などというものは存在しませんが、それに向かって努力することに価値があると思うんです。私は純日本人で、ネイティブのような発音で話すことはできません。ライティングも、テンプルのクラスメートの日本人の方の書く英語の素晴らしさについ先日も圧倒されてしまいました。私より英語運用力のある人は世の中に五万といるということです。

そうした客観的な事実を踏まえた上で、さまざまなビジネスでの経験とか、TOEICのマニアックな知識とか、しょうもないギャグとか、自分の中にある強み(こう書いていたらあんまりない気がしてきた)を活かして、どういうジャンルで、どういった方法なら最強になれるのかを考えていきたいですね。英語がどれほど自分の人生に役立ってきたかを考えると、英語学習を続けることで得られることってpriceless(価値がない、の意味ではないので要注意)です。その素晴らしさを生徒さんに伝えられるといいなあと思います。

「最強」なんて誰が決めるものでもありませんし、決められるものではありませんが、きっと、日本中のTOEIC指導者・英語指導者の方々が、日々「最強」を目指して精進されていることと思います。私も赤褌を洗って天日干しして締め直さねば! と思ったら外は雨でした(笑)


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.