fc2ブログ
考える力
If you can read rapidly and with good understanding, you will probably find it easy to remember a good deal of what you do read. On the other hand, if you find reading a difficult and unpleasant job, even those things that you manage to learn by reading are likely to slip from your memory within a very short time. In other words, the harder and more disagreeable reading is, the less it pays. 「基礎英文問題精講」(中原道喜著 旺文社)

私には魔法の力などありません。ただ、問題を見ると、前にやったことがあるように見えるのです。たぶん、前に使った考え方を応用できる、と考えるせいなのでしょう。何も考えつかないときは、解きやすくするために簡単な方法を考えてみますが、それでもだめなら、次は問題と遊んでみるのです。そうすると、少しずつ内容が見えてきます。何度も繰り返すうちに、だんだん理解が深まっていくのです。それは、頭がいいとか、回転が速いとかの問題ではありません。 -テレンス・タオ(天才数学者。「才能を引き出すエレメントの法則」 祥伝社)


TOEICの試験後の解答速報についてですが、別にこれは私に特別な能力があるわけではありません。その証拠に、このブログの読者でも、Azuriteさん、Haruさん、トイッ子さん、Yutaさん、Ikuさんなど、私と同じように解答を覚えている方がいらっしゃいます。

では、なぜ設問や解答を思い出せるかというと、一つの理由は、楽しみながら問題を解いているからではと思います。少なくとも私の場合は、話されていること、書かれていることに興味を持って、一問一問考えながら解いています。問題そのものを覚えているわけではなく、その思考過程を覚えている感じですね。テレンス・タオさんの言われる、「遊んでみる」という姿勢に近いかもしれません。冒頭の英文に書かれている通り、解くのが苦痛で読むのが楽しくないと、問題を覚えることはできません。

私は、パート7では、「必ず答えが本文の中に書かれている」ので、それを探すことを、推理小説のように楽しんでいます(変態)。たとえば、今回のDP(4FIC15)で、劇の宣伝と、それを見たレビュワーの感想があって、問題の一つに、「レビュワーが劇を見たのは何日ですか?」という問題がありました。

最初の劇の宣伝に、「メディア向けのプレビューは9/25(木)、一般公開が9/26(金)からで、9/28(日)には脚本家や監督と観客の質疑応答がある」と書かれていました。なので、おそらくこのレビュワーは記者だから、9/25(木)に見たであろうことは想像できます。そうやって解かれた方もいらっしゃったと思います。

ですが、もしかするとこの記者は、何らかの都合で、プレビューに参加できなかった可能性もありますよね。たとえば、レビューのどこかに、「いつものマスコミ向けのプレビューではなく、一般顧客に交じっての質疑応答は新鮮な経験だった」と書かれていたら、答えは9/28(日)になります。私が問題作成者ならそういう嫌らしい問題を作ります(笑) 

なので、絶対にレビューの中に答えのカギとなるヒントがあるはずだ、とあたりをつけて丁寧に目を通してみると、「プレビューなので主役の女優の演技は役柄になりきれていない部分もあったが、これは今後改善されるだろう」と書かれていました。この時点で答えは「9/25(木)」であると確定するわけです。迷探偵TEXの捜査は終了したわけであります。

私がここで言いたいことは、TOEICの問題を覚えろ、ということではなく、興味を持って、できれば楽しみつつ、しっかり考えて解く癖をつけよう、ということです。模試を解く際も、なんとなく解くのではなく、必死に考えて、「こうだからこれではないかな」と考えて解くと、その問題が自分の血となり肉となります。実力があるのにRでケアレスミスが多い方は、時間の許す範囲で、「答えの根拠」を見つけることを心がければ、スコアアップするのではと思います。結果がワンランクアップするはずです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.