Don't feel. THINK!
今日は代休なので、自宅でのんびり読書と英語学習に励むTEX加藤です。

さて、今日の日記のタイトルの元は、「Don’t think. FEEL.」という映画「燃えよドラゴン」の有名なセリフです。この場面の動画がYoutubeにあったので、久しぶりに見ましたが、英語で聞くと、子供の頃に見た日本語吹き替えとは違った印象ですね。ブルース・リー、格好良すぎです。DVD買おうかなあ。めちゃめちゃ観たくなりました。明後日のTOEICの府中会場で上下つなぎのカンフー着でヌンチャク首から下げている中年男がいたらそれは私です。

ところで、TOEICでは、ブルース・リーのこの名セリフとは逆に、「Don’t feel. THINK!」の姿勢が大切ではと思います。帰国子女や超上級者で正しい英語感覚が既に自分のものになっている人は別です。解答のベースになる感覚が正しいわけですから、考え込む必要はありません。ですが、特に日本人の英語学習者であれば、正しい感覚を身につけるためには、「考える」ってとても大切なことだと思うんです。

TOEICの問題集を解いていても、答えを見て、「あ、Bが正解なんだ」で終わってしまう人と、「へぇ。じゃあこの場合はどうなんだろう」「なんでCがだめなんだろう」「これ確か公式問題集にもあったな。ちょっと調べてみよう」と、自分が間違えた理由を考えて、それを確かめる作業をする人とでは大きな差がつくと思います。普段から考える癖が付いている人は、本番で応用問題が出ても、「こうだからこうだな」とロジカルに考えて答えを導くことができますが、ただ問題集の答えを覚えているだけだとそうはいきません。

私の本業の企画の世界では、知識ではなく知恵を身に着けろ、とよく言われます。当たり前の話ですが、知識や法則でヒット商品が出せるのなら世の中ヒット商品だらけになってしまいます。そうではなくて、自分なりに情報を咀嚼して、仮説と検証を嫌になるほど繰り返し、知識を知恵に変えることができて、初めてヒット商品が企画できます。TOEICでも同じだと思うんです。ただ漫然と問題を解いたり、参考書を読んだりするのではなく、常に「考える」姿勢を持つことが大切だと思います。同じ時間勉強しても、「考えている人」とそうでない人では結果が全然違うと思います。

また、これは個人的にお勧めの方法ですが、自分が興味を持てて、なおかつ自分のレベルに合った薄めの洋書を購入し、丁寧に読み進め、「あ、これこの間のTOEICで見た表現だぞ」とか、「あ、この単語はTOEICに出たけど、こうやって使われるんだ」と、考えながら読み進めると、特にリーディングのスコアアップには効果的だと思います。

たとえば、私が今読んでいる「AMERICAN BEAT」(講談社英語文庫)では、「初恋の人を探す」がテーマのコラムがあり、こういう一節があります。

All of us have doubtless wanted to go back and see the first girl we loved; we think about it, but we don’t consider doing it because we’re not supposed to do things like that once we’re grown-ups.

「ん、doubtlessって形容詞っぽいけどな。動詞の前だから副詞かな。ちょっと調べてみよう。お、やっぱり副詞で使われるのか」「considerの後の動名詞やonceはこの間のTOEICにも出たぞ」などと考えると、それだけでたくさんの発見がありますよね。

洋書の多読はとても良いと思いますが、少しずつでもよいので、こうした精読も行ってみると、リーディングのスコアアップになると思います。生きた英語をうまく自分の中に取り入れるためのこうした「考える」訓練を続ければ、そのうちだんだん考えることが少なくなり、自然な感覚になり、ブルース・リーに、「Don’t think. FEEL!」と言われるレベルに一歩一歩近づくことができるはずです。

などと書いている間に、DVDがどうしても欲しくなり、アマゾンでディレクターズカット版を注文してしまいました。試験前日にTOEIC対策せずに観てしまいそうです。楽しみだなあ。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.