第147回TOEIC結果報告
いよいよ明日の正午に6月のTOEICの結果がネット発表されます。うっかりTOEIC神社の建立を忘れるところだったのですが、本日参加させて頂いたTommyさん主催のオフ会で、参加者の方に「今日TOEIC神社建てるんですよね」と指摘され、「え、ええ、もちろん、そのつもりですわよ」と、焦りでオカマキャラになってしまったのであります。前回も50名の方に結果報告を頂いたというのに何ということでしょう。

えー、気を取り直して、この記事は、第147回TOEICの結果を、受験者の皆さんが、喜び、感涙、次への飛躍、出直しの気合い、の言葉とともに綴る用途で設けたものです。私も昼休みを利用してすばやく結果を書き込む予定です。以下のテンプレートを使ってコメント頂けるとありがたいです。

【お名前】
【スコア】 L R T
【過去最高点】
【今後の目標(あれば)】
【次回受験予定】 年 月
【感想】

記入例
【お名前】 TEX加藤
【スコア】 L495 R495 T990
【過去最高点】 990
【今後の目標(あれば)】 自らの英語力UPと、TOEICのノウハウの還元
【次回受験予定】 2009年7月
【感想】前回の自己管理不足を反省し、990点に復活することができました。自分なりのノウハウを良い形で読者の皆さんに還元できればと思います。今週末のTOEICも頑張りましょう。

上記のようなコメントを書いた後、良い結果だった方は、喜びの気持ちを込めて、希望に届かない結果だった方は、お払いの意味と次のテストへの飛躍を誓って、「えいっ」と気合を入れながら、下記の人気ブログランキングのバナーをクリックしてください。皆さんのコメントとブログランキングの一挙両得を狙っています(笑)

↓喜びの声と明日への飛躍を誓うためのクリックはこちらで。

banner2.gif  
ノマド・ワークスタイル
昨日はイベント疲れで9時に倒れこむように寝てしまったTEX加藤です。ちょうど夜中の3時に目が覚め、TVをつけたら全英オープンゴルフのプレーオフ中でした。敗れはしたとはいえ、59歳のワトソンの頑張りは全国の中高年に希望を与えたでしょうね。ミスショットをしても、微笑みを浮かべながら、ギャラリーの声援に対し、「Thank you.」とお礼を述べる姿に感動しました。

TOEICでひっかけ問題にやられても、「Thank you.」と笑って言えるオヤジになりたいですよね。間違っても、「ETSの野郎!」「こんな悪問!」「採点対象外だろ!」などと自分の英語力のなさを棚に上げて文句ばっかり言ってはいけません。え、あんたもそうなんじゃないのって? いや、私の怒りのツボはそこではなく、「なんでメガネっ娘をもっと出さないんじゃ!」ですから、パート2以降は怒る場面がありません。

イベント中は、往復の車内や休憩中にいろいろと本を読みましたが、印象に残ったのは英語学習とは無関係ですが、「仕事をするのにオフィスはいらない」(佐々木俊尚著 光文社新書)です。この本で紹介されているのは、ラップトップPCやアイフォンといったモバイルツールに、さまざまな機能をダウンロードして自らをデジタル武装し、オフィスを持たず、自宅やレンタルオフィス、カフェといったスペースを移動しながら仕事をする「ノマド」と呼ばれるワークスタイルです。

ノマドは遊牧民。ノマド・ワークスタイルとはラクダを駆って砂漠をわたる遊牧民のように、ノートパソコンとデータ通信カードを武器としてどんな場所でも自分の仕事場としてしまう新たなワークスタイルのことをさしています。

こういうワークスタイルも自分にとって一つの選択肢かな、とちょっと真面目に考えています。今の自分の仕事内容を考えると、会社とはフリーランス契約にして、自宅から企画を送ったり、進行中の企画について意見を述べたり、市場分析をしたりすることは可能です。会社にとっては、基本給以外の諸経費がかからないわけですから、人件費を削減し、不要なら首を切りやすいといったメリットがあります。

自分にとってのメリットは、会議や管理業務に煩わされず企画に集中できる、時間を有効活用して他の仕事や学習に時間を割くことができる、といった点です。会社の外にいた方が間違いなく良い企画が出ますしね。また、私が道を開くことで、若手が後に続いてくれるかもしれません。デメリットとしては、身分の安定が保証されない、基本給が下がる、厳しい自己管理が必要となる、といった点ですね。

それ以前に、会社がこうしたワークスタイルを認めてくれるか、という問題がありますが、中途入社してからのこの5年間で、社長賞を3度頂く等、意外と会社に貢献しているので、期待値も含め最初の1年くらいは契約してくれるのでは、と楽観的に思っています。まあ、最大の懸念は、果たしてアナログ人間の私が、デジタル機器を使いこなせるのか、という点ですが、まあこれは慣れでしょうから、チャレンジするしかないでしょうね。

会社とフリーランス契約したのに、ろくな企画が出ない、契約更新がピンチ、という事態になったら、契約期間中に英語のスキルを磨き、人様に教えられるレベルに自分自身を向上させて、「メガネっ娘専用TOEICスコアアップ教室」を開きつつ、「品詞問題が解けないとTOEICでは瀕死」「動詞には他動詞と自動詞がありますが、これは関西では他人丼と親子丼があるのと同じようなものです」といったしょうもない解説ばかりのTOEIC本を自費出版するとします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.