6月TOEIC雑感
会社帰りの駅のコンコースで、「さ、お兄さん、お仕事でお疲れのところ、キャバクラいかがですかっ!」と呼び込みのお兄さんに2回も声をかけられたTEX加藤です。うーん。いかにも行きそうに見えるのかなあ。それともあのお兄さんは二人ともこの間のTBRを聴いていたんでしょうかね。Both of them must have listened to TBR last Sunday.

そのTBRで、「今回の難易度はどうだったでしょうか」という質問が毎回あるのですが、答えるのが結構難しいんですよね。TOEICって、受験者全体で自分がどの位置にいるのかをスコアで示す相対比較なので、テストの難易度はスコアと比例しません。なので、「できたと思ったら意外にスコアが低くてショック」とか、「だめだとおもったら自己最高でした」などといった事態が起こるわけです。

例えば、5月のリーディング(フォーム9)は、495を取るためには全問正解が条件でした。私が受けたフォームで100問全問正解が満点の条件だったのは昨年の7月以来のことです。これは、高得点者にとって難易度が相対的に低かったからですね。問題が難しかったから満点が取りづらかったわけではありません。問題の難易度にスコアは左右されない、ということを基本として覚えておくとよいのではと思います。

今回のTOEICで改めて感じたことは、集中力と体調管理の大切さです。私は前々回までリスニングは8回連続495だったのですが、突然前回480に下がってしまったんですね。睡眠不足もあってか、試験中も頭が重くて、なかなか英語が頭に入ってきませんでした。リーディングは読み返せるので何とかなったのですが、リスニングは集中力が要求されるので、集中力の欠如が結果に表れたのだと思います。

じゃあ、今回はどうだったのかというと、試験前の体調管理に気を付けて、本番でも集中して解けたので、たぶん495に戻ったと思います。リスニング全問正解だった前々回と同じように解けましたし、勘で答えた問題はほとんどありませんでした。この結果で改めて実感したのは、いかに本番での体調管理が大切かということです。特に前日は遅くまで寝たり、昼寝をせず、試験と同じ時刻の13-15時にはしっかり起きていることが大事ですね。

また、今回、集中することを意識してリスニングに臨んで感じたのですが、パート2で問題文を聴いている時、なんか日本語を聞く時と脳の違う部分で英語を聴いている気がしました。脳の特定の部分に英語が入ってくる感じです。そういう感覚って皆さんにもあるのでしょうか。前回はこの部分がうまく作動せず、日本語脳が必死に英語を理解しようとしていた感じがしましたね。英語モードに頭が切り替わらないんです。まったく理論的な根拠のない感覚の話ですけど。

まあ本当は、体調などに左右されず、ぱっと英語モードに頭を切り替えられる実力があればいいんでしょうね。でもちょっと不思議な感覚でした。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.