FC2ブログ
品格ある日本人の英語
「品格ある日本人の英語」(曽根宏著 ビジネス社)

以前紹介した「英語のバカヤロー!」を読んで共感された方にはお勧めの本です。著者は、マッキンゼーで、海外企業と日本企業の提携やM&Aを手掛けられるなど活躍された後、現在は、M&A専門の米国のコンサルティングファームの日本代表を務められる傍らで、個人並びに企業に英語・国際化の研修を行う会社を経営されています。まさに「使える英語」でキャリアを築いてきた方ですね。

「品格」をタイトルにしたのはちょっともったいないかな、と思いますが、タイトルの意味は、「英語の表面的な流暢さや発音のうまさではなく、(大切なのは)話し手の英語を聞いた人が感じる、その人の人格、経験、知性」ということを伝えたかったのだと、作者も何度もこの本の中で強調されています。

この本で書かれていることは、「英語のバカヤロー!」と同じで、「大切なのは、発音じゃなくて中身」ってことです。海外でスピーチするたびにスタンディング・オベーションが起きたソニー創業者の盛田昭夫さん、「英語でしゃべらナイト」でパックンさんを、「英語をここまで使いこなせる人を知りません」と感嘆させた元国連事務次長の明石康さん、マッキンゼーの大前研一さんやといった方々や、ご自身の経験を踏まえ、ネイティブ信仰よりもっと大切があることを伝えてくれます。

いろいろと印象に残ったエピソードがあるのでいくつかご紹介します。

ある女性が米国に留学した時、「日本語訛りをなくすな。あなたが英語を話すことを“普通”と思われてもダメ。相手の制空権に好んで入るのは、つまりネイティブ・スピーカーのように話そうとするのは、立場が下だとみずから宣言するようなもの」と米国人の先生に言われたそうです。これはビジネスの世界でも言えることですね。商談の席では、文法の間違いや発音なんて気にしていられません。いかに自分の主張を相手に伝え、交渉をまとめるかがすべてです。

著者はかつて駿台予備校に通っていたそうで、「受験英語の神様」伊藤和夫さんに習ったそうですが、英文法の枠組みを英文解釈に取り入れた授業が嫌で嫌でたまらなかったそうです。ところが、最終回の授業で伊藤さんは、自分の授業はあくまで大学合格のための手段であって、合格したら英文を解析する勉強をやめて、とにかく大量の英語に触れ、英語経験を積んで、世界で活躍してください、との言葉を生徒にかけたそうで、それに著者もいたく感動したとのこと。これはTOEICでも同じですね。私がご紹介しているTOEICの予想問題等のTOEIC対策はあくまでTOEICのスコアアップのための手段に過ぎません。

この本の中では、TOEICは体力測定や英語学習のインセンティブにはよいけれども、それで英語力を測定しようとするのは「愚の骨頂」と書かれています。これはその通りだと私も思います。

この本には、盛田さんや明石さん、緒方貞子さんなどの英語や、ご自身の日本人英語も収録されたCDも付属しています。その中で私が一番感動したのは、同時通訳として活躍されている新崎隆子さんのスピーチです。

「RとLを区別して発音できなくても英語は通じる。三人称単数現在の-sが抜けても、誰も気にしない。それよりももっと積極的にしゃべってほしい。世界の人たちは日本人が生き生きと楽しそうに英語を話すことをきっと歓迎してくれるに違いない」

新崎さんも例として挙げていらっしゃいますが、「Congratulations!」のrがlに聞こえても、sが抜けていても、big smileで相手に、「Conglatulation!」と言えば通じます。完璧な発音でも全然感情がこもっていなければ意味がありませんよね。

「rとlを区別できないとネイティブに知性を疑われる」と発言した日本の外交官を例にとり、「Ladies and gentlemen, as English teachers, would you accept his advice?」と、美しい声で堂々と「Japanese English」で聴衆に問いかける新崎さんのスピーチを聴けただけでもこの本を買った価値がありました。こういう風に堂々と「Japanese English」で話せるようになりたいものです。

最後にこの本の著者に一つ苦言を。「伊藤和夫」が「伊藤一夫」、「基本英文700選」が「英文説明700選」と誤表記されていたのはいただけません。感動のエピソードなのにちょっとがっかりです。ちょっと調べれば分かることなのにもったいないです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
5月重要表現(語彙編)
難語なので出る確率は低いと思われますが、昨年7月に出題された問題です。

The purpose of the committee is to address concerns of the house staff and act as a ------- between the house staff and Greenville Hospital.

(A) rival
(B) liaison
(C) mason
(D) Leah Dizon

正解は、(D)のリア・ディゾンです。この委員会は、在宅スタッフの懸念を払拭し、病院との間でリア・ディゾンのような癒しの役割を果たすために設けられた、という意味ですね。

というのは嘘解説です。もちろん正解は(B)のliaisonです。この委員会は、病院と在宅スタッフの間をつなぐ橋渡し役をするという意味ですね。

その他、7月に出題された以下の語彙も合わせて押さえておきましょう。

Subtle errors are often undetected in regular checks.
TEX Corporation seeks to be a dominant figure in the market.

今年に入ってのTOEICではあまり難しい単語は問題としては出題されていませんが、今回はどうでしょうかね。以前取り上げた、adhere to や poised to は覚えておいてください。他には、昨年の5月に、amiable(愛想のいい)とsolicit(懇願する)が出たようなので、英辞郎で用例を確認しておきましょう。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.