FC2ブログ
今日の豆知識
ちょっと調べものをしていて、「花の子ルンルン」という昔のTV番組の説明を読んでいたらこのような記述が。

ルンルンたちが旅先で出会った人物に、ルンルンの憧れの青年セルジュが花の種や苗を与え、ナレーションがその花の花言葉を説明するラストシーンが作品に華を添えた。「ルンルン気分」という言葉が使われるようになったのはこの作品の後から。

ええっ。なんですと。今は死語となっている「ルンルン気分」ですが、まさか「花の子ルンルン」が語源だったとは。まあもちろん他にもいくつか諸説はあるようですが、子供の頃に見ていた番組だっただけに今更ながらに衝撃を受けてしまいました。

今日学んだことをもう一つ。気分転換に読んでいた「山口英文法講義の実況中継」の下巻にこのような問題がありました。

次のうち正しいものはどれ?

1. They love each other.
2. They quarrel each other.
3. They are kind each other.
4. They are like each other.
5. They are different each other.

これ、私のように感覚で解く傾向にある人間には難しいです。「なんとなく」で答えてしまうんですよね。ところが、山口先生は明確に解き方を示してくれます。

each otherは「おたがいに」という副詞句ではない!
each otherは代名詞の働きをする句!

そ、そうだったのかあ。ということは、他動詞なら○、自動詞なら前置詞が必要になるから×ということになりますね。each otherを取って文章が成立するかどうかを見ればどれが合っているか一目瞭然です。正しいのは、each otherを取ると文章が成立しない1、4ということになります。2はwith、3はto、5はfromが必要になりますね。

今までライティングなどでeach otherを使おうとして、前置詞が必要かどうか迷うことがあったのですが、これですっきりしました。こんな文法の基本事項を知らなくてもTOEIC満点取れます(笑)

では、最後まで雑文を読んで頂いた方に5月のTOEICで狙われる可能性のあるコロケーションです。

TEX hotel has earned a well-deserved reputation for superior guest service, comfort and convenience.

出題される場合は、パート5でreputationの部分が空欄になり、語彙問題として出ます。上級者の皆さんにはおなじみの単語でしょうけど。

あー休日なのでついのんびりしてしまって企画が全然進んでません・・・ ダメだこりゃ。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
1日1問TOEIC0505
朝から資料を読もうと思ったら、「ハゲタカ」の再放送にはまってしまったTEX加藤です。皆さん楽しいGWをお過ごしでしょうか。

さて、今日は同義語の問題です。先日、Alternativelyを問う問題でご紹介した、通販会社からお客様に宛てたメールに出てきた文章です。ご注文の品のうち1点が在庫切れなので、それ以外を先に発送するか、それとも(Alternatively)、在庫切れの品が入荷次第まとめて発送するかどちらでも結構です、といった内容でしたね。今回の問題は、そのメールの最後に出てくる文章です。

We are sorry for the inconvenience this poses.

(A) happens
(B) stands
(C) affects
(D) presents

これはかなりの難問でしたね。真っ先に選択肢にcausesを探したのですが、ないんですよ。いやらしいなあETS。で、(A)と(B)は外せますよね。(A)は自動詞で文意に合わないし、poseにはstandの意味はありますが、写真を撮ったり絵を描くときのポーズ立ちの意味ですからここではおかしいですね。これは大切な同義語問題を解く際の基本ですが、「文意に合うものを選ぶ」という原則があります。つまり、poseにはstandの意味もあるけれど、ここでは当てはまらないので間違い、ということになります。「そんなの分かってるよ」と思っている人に限って「reach=communicate with」を問う問題で「arrive at」を選んだりしてしまうから要注意ですよ(笑)

で、残りが(C)か(D)かです。私はaffect inconvenienceというのが感覚的におかしく、presentの方がしっくりきたので、(D)を選んだのですが、皆さんはいかがだったしょうか。

この問題、正解は(D)のpresentsです。

ここのposeは、If someone or something poses problems, threats, dangers, etc, they cause them. つまり”cause”の意味ですね。で、presentにそういう意味があるのかと思って英英辞典で調べてみると、

If something presents a difficulty, challenge, etc, it causes or provides them.
The situation presented a serious problem.
The tornado presented severe problems to the island.

思いっきりありますね(笑)

Affectは、When something affects someone or something else, it influences them to change in some way. です。

Cold weather affected the crops.
High oil price affects every part of our lives.

人やモノに影響を与えるって言う意味ですから、「不便に影響を与える」っておかしいですよね。日本語で「影響する」って単語だけ覚えているとaffectと誤答してしまいそうです。ETSの中の人は日本人の弱点を熟知しているので、負けないように英語のフィーリングをつかみましょう。

本番のTOEICではこんなにあれこれ考えている時間はないので、しっかりと語感を養って、すばやく正解を見分ける力を身につけたいところです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.