FC2ブログ
一日一問TOEIC対策
昨日の予想問題が好評だったのか、拍手や応援クリックをたくさん頂いたようです。今日ぐらいは続けないとまずいですね(笑) 今日もパート5形式で予想問題を出そうと思って、グーグルでいろいろと調べていたら、ちょうどいい文章を発見したので、パート6形式で行きます。

TEX LIBRARY MEETING ROOM USE, POLICY, AND GUIDELINES

The organization sponsoring the meeting must (1) ------- to the meeting room capacity and refuse entrance when the room has reached capacity. The Library reserves the right (2) ------- the number of attendees to ensure that the fire code regulations are observed. Any damage must be reported to the Library (3) -------.

(1)
(A) oppose
(B) honor
(C) adhere
(D) subject

(2)
(A) monitoring
(B) monitor
(C) to monitor
(D) monitored

(3)
(A) currently
(B) promptly
(C) significantly
(D) previously


いかがだったでしょうか。このうちの、(1)と(3)は5月に出る可能性があるので要注意の用法です。(2)は昨年10月にmonitorではなくcancelで登場したのと同じパターンです。こちらは今回は出る可能性が低いですが、覚えておいた方がよいと思います。

で答えですが、(1)は(C)のadhereです。adhere toで「遵守する」という意味になります。図書館の会議室をイベントで使う際は、部屋のキャパを守ってください、という意味ですね。昨年の出題時には、(B)のhonorと迷って間違えた受験者が多かったようです。honorは他動詞なので、前置詞のtoは不要です。

(2)の答えは、(C)のto monitorです。right to monitorで「監視する権利」という意味です。消防法を守らなきゃいけないので、図書館側は、部屋に何人入っているかを監視する権利があります、ってことです。契約書とか承諾書では割とポピュラーな表現ではと思います。たとえば、PCソフトを購入すると、なんか難しくてほとんど読まない契約書が入っていますよね。そこには最後の方にこう書かれています。

If you exceed the above service limits, Microsoft reserves the right to cancel your service.

つまり、あなたがこの使用許諾書のサービス内容に書かれていない使い方をしたら、あなたとのご契約を解約する権利がマイクロソフト社にはありますよ、っていうことになります。

最後の(3)の答えは(B)のpromptlyです。何かを破損したら、ただちに図書館に連絡してください、っていう意味ですね。昨年のTOEICでは、「ワークショップの参加者の定員には限りがあるので、参加希望の場合は、you must notify the personnel manager promptly.」のような形で出題され、previouslyと迷って間違えた受験者が多かったようです。 「前もって知らせる、だからpreviouslyだな」という思考の流れだったのでしょう。previouslyは、英英辞典を見ても、formerly、つまり、「以前に」「かつては」のニュアンスで使われます。ここでは文意に合いません(中村澄子さん風)。

同様のpromptlyの用法をいくつかご紹介します。

We will notify you promptly if the course or workshop you have selected is full.
選んだコースやワークショップが一杯だったらすぐにご連絡します。

If you discover you are unable to attend the workshop after completing the registration process, please notify the personnel manager promptly.
登録し終わってから、ワークショップに参加できないとわかったら、人事担当者にすぐに連絡してください。

promptlyって他の用法でも出る可能性がありますね。例えば、「without delay」の意味で、「promptly at 17:00」で「17時丁度に」、っていう用法にも注意が必要です。こっちが出る可能性も低いですがあります。

「よし、じゃあ、分かんなかったらとりあえず、promptly選んどきゃいいんだな」って考え方ではだめですよ。ちゃんと使い方を覚えましょう。TOEICの語彙本にも必ず出ている単語ですから、チェックしてみてください。

ふう、何とか2回続けたので、不定期で続ける、という義務は果たせましたね(笑)


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
たまにはTOEIC対策
昨日発売になった「AERA English」最新号の表紙に、「TOEIC満点ビジネスマン」と書かれていたので、「もしや自分が?」と、取材も受けていないのに慌てて購入した悲しきサラリーマン、TEX加藤です。

さて、数ある英語学習者のためのブログの中でも、最も内容が濃いのではないかと個人的に思う日向清人さんの「ビジネス英語雑記帳」で、ある単語テストが紹介されています。ちょっと見てみたのですが、TOEIC受験者にも役に立ちそうですね。

詳細は日向さんのこの記事に記されていますが、このリストに掲載されている単語は、「英語圏の大卒社会人のコアボキャブラリーであり、新聞雑誌、テレビの英語の理解に不可欠」な単語ばかりとのこと。是非皆さんも試してみてください。こういうテストが無料で受けられるとは、ネットってありがたいですよね。

気がつけばいよいよ後一カ月強で5月のTOEICです。そう考えると気が引き締まりますよね。ということで、5月の試験の際に覚えておいた方がよさそうなパート5の問題を、一日一問、不定期で試験までお届けしたいと思います(自然消滅する可能性有)。この予想問題は、でたらめに出しているわけではなく、過去問を分析した結果、5月に出る可能性があり、また、このブログの読者の中心層であるTOEIC800点以上の方が注意した方がよい問題のみを取り上げます。

皆さんの多くがご存じの通り、TOEICの過去問は、受験者のレベルや試験の難易度を測定するのに適した問題がリサイクルで使用されます。ということは、簡単な問題もあれば難しい問題もあるということになります。ちなみに、3月のパート5でリサイクルだったと思われる問題の答えを羅列すると次のとおりです。

our, repeatedly, her, then, both, even if, because of, those, substantial, resulted, whether, prepare, dependence, requirements, leading, currently, exclusively

our, her, bothあたりは明らかにサービス問題ですね。それとは逆に副詞系はやや難しめですよね。このブログでお届けする予想問題では、出る可能性はあっても、明らかに皆さんが正解すると思われるサービス問題は避け、高得点者でも間違える恐れがあるものに絞って出そうと思います。

では、5月のTOEICに向けた予想問題です。

TEX Corp. reported the third ------- year of growth in sales and profit on Wednesday despite economic downturn in Japan.

(A) afterward
(B) previous
(C) following
(D) consecutive


皆さんにとってはちょっと簡単だったかもしれませんね。答えはブログランキングの説明文で、というのは冗談です。正解は(D)のconsecutiveです。"the third consecutive year"で「3年連続」という意味になります。「three consecutive years」という言い方になると、yearsと複数になるのは知っておいた方がよいと思います。実際のTOEICでは、followingを選んでしまった受験者が多くいたようです。決まり文句としてこの言い方は知っておいた方がいいですね。

この単語の使用例をもう一つ見てみましょう。

The Seattle Mariners' Ichiro Suziki tied the major league record of eight consecutive 200-hit seasons Wednesday night.

TOEICでは野球テーマの問題は出ませんが、皆さんに分かりやすいよう、イチロー選手についての英文記事を取り上げました。"eight consecutive 200-hit seasons"で、「8年連続200本安打」ですね。今年200本ヒットを打つと、これが、"nine consecutive 200-hit seasons"で、break the major league recordになるわけです。

なんだか真面目な記事を書いたらいつもより疲れが(笑) この企画がいつまで続くのか、行く手には早くも暗雲が荒れ込めてきたのでありました。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.