FC2ブログ
型を身につけよう
先週、仕事で恵比寿ガーデンプレイスに立ち寄る機会があったのですが、私は、約15年前、そこから徒歩3分の場所で仕事をしていました。丁度ガーデンプレイス開業当時の話です。で、当時を懐かしみながら駅まで歩こうと思って歩き出したのですが、あまりの変わりように道が分かりません(笑) あのエリアもすっかり商業地域になったんですね。

当時は昼休みに会社の前でキャッチボールとかしてたのになあ、などと思いつつ、うろうろしていると、ランチ帰りらしき男性の集団6-7人とすれ違ったのですが、そのうちの一人の顔に見覚えがあります。なんと当時私と一緒に働いていた同期でした。特徴のある眼鏡や、当時二十代半ばにして既にさびしかった頭髪と、頭髪より濃いひげ(笑) 見間違いようがありません。一瞬のことだったので声をかけそびれてしまったのですが、不思議なこともあるものです。というのも、私のいた会社はとっくの昔に恵比寿からは事務所を移し、すでにほかの会社に吸収合併されてしまったんです。

何とか駅にたどり着き、オフィスに戻って早速名前でググってみると、彼はすぐそばの会社でアニメのプロデューサーの仕事をしていることが判明しました。それにしても、15年の時を経て、昔歩いていたのと同じ場所で再会するとは。当時仲がよく、面白い奴だったので、「今どうしてるんだろう」ってふと思ったりしたことがあったので、神様が教えてくれたのでしょうか。

こういう偶然って私は意外とよくあるのですが、普通に起こることなのでしょうかね。

と、どうでもいい個人的な話で前置きが長くなりましたが、今日は「型」についてです。今、「ゼロからはじめる新TOEICテスト英文法」(安河内哲也監修・大岩秀樹著)という本を読んでいます。「まずは500点突破」という副題が示すとおり、初心者向けの本です。著者の大岩さんはカリスマ予備校講師で、初心者向けの英文法書が非常に好評とのことなので、後学のために読み始めたんです。

まだ1/4ほどしか読んでいませんが、とても勉強になりますね。初心者の読者に対して、とにかく「型」を覚えることの重要性を繰り返し説いています。例えば、TOEICで頻出の副詞はこう説明されています。

副詞とは名詞以外を修飾する言葉で、さまざまな位置に置かれますが、基本的な位置は決まっています。

例1:頻度を表す副詞は動詞を修飾し、一般動詞の前に置くのが基本。ただし、「be動詞・助動詞」がある場合はその後に置きます。

Paul sometimes sees the president.
Ann is usually at the reception desk on Mondays.
Robert could hardly hear the chairperson.

頻度を表す主な副詞:never, usually, hardly, often, sometimes, always

などと、基本的な副詞の位置を、場所・時・様態等を表す代表的な副詞を例にとりつついくつか説明し、最後にまとめが示されます。

副詞が置かれる6大パターン

1. S (副詞) V  :SとVの間
2. S 助動詞 (副詞) V原形 :助動詞とV原形の間
3. SV...... (副詞) :第1~5文型の後
4. a(an/the) (副詞) 形容詞 名詞 :a(an/the)と形容詞の間
5. (副詞) SV :SVの前
6. 形容詞や副詞を修飾する副詞:形容詞や副詞の前

こういう風に、最初に「型」を覚え、演習を重ね、その型を身につけるってTOEICのスコアアップには重要だと思います。基本的な文法事項が問われますからね。基礎ができていればある程度の点数は確実に取れるはずです。もしくは、こうして理論で型を覚えるのではなく、帰国子女のように膨大な量の英語に触れて自然に感覚を身につける方法もありますが、それは社会人にはなかなか難しいことです。なので、文法が苦手な方は、まずはこうした基本書で型を意識的に覚え、問題集で演習を重ねたり、英文を読んだりすることで、やがてその型を意識することなく自然に英語の感覚を身につけるのがよいのではないでしょうか。

また、上級者の方でも、パート5の文法が苦手、という方は、文法の基本書を馬鹿にせずに読んでみると、新たな発見があるかもしれません。私の場合は、「FOREST」を読むことで、ケアレスミスがほとんどなくなりました。理論が身についたので、「なんとなくこれ」ではなく、「こうだからこれが正解」と自信を持って答えることができるようになったんです。

テニスでも、基本の「型」ができている選手は強いです。最初に基礎をしっかりと固め、その上にトレーニングを重ね、「型」がしっかりと身についているので、少々のことでは崩れません。私の所属しているテニスサークルに、元日本ランキング20位の方がいるのですが、先週末の試合で、今年1回しかテニスしてないんですよ、と言いつつ、レベルの違うテニスを見せてくれました。まったく型が崩れないんですよね。毎週テニスしてるのに型が乱れてばっかりの私とは次元が違います(笑)

私はこの「ゼロからはじめる~」を読み終えたら、同じ著者の、「大岩のいちばんはじめの英文法」を読もうと思っています。まあ、半分は趣味で好きで読んでいるんですけどね。問題集や模試を解いてもなかなかパート5のスコアが伸びないっていう方は、たまには息抜きも兼ねて簡単な文法書を読んでみるのもいいのではないでしょうか。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.