FC2ブログ
TOEICの結果について
3月のTOEICの結果が郵送に先駆けてネットで発表となりました。こうして記事を書いている間にもどんどんとコメントが増え、すでに40人以上(現在46人)の方にスコアのご報告を頂いています。それを見ながら、「すごい勢いだなあ」と感心しつつ、「コ、コメントどうしよう。ええい、どうせならコメントが50件超えて全部コメント返せば100件の大台だあ」と開き直っています(笑)

1月もそうだったのですが、この結果報告を見ると、受験された皆さんの英語学習にかける熱意を感じますね。人のブログにコメントするって簡単なようで大変です。結構な労力です。なのに、これだけの方が書き込みをされるというのは、それぞれの試験にかけた思いの表れでしょう。私も、満点を達成された方、自己ベストを更新された方の書き込みを見て、「よっしゃあ」「よかったあ」などと喜びつつ、思ったようにスコアが伸びなかった方のご報告を見て、「これが実力だ。仕方ない。次頑張るぞ」などと言い聞かせたりしています。

また、結果報告と合わせて、たくさんの方にブログについてのコメントを頂いて嬉しい限りです。皆さんのサポートのおかげで解答速報やブログの更新が続いています。ありがとうございます。

よく耳にする、「TOEICの点数UPのためだけに勉強するのはよくない」という意見はもっともですが、一つのことに一生懸命になれるって素晴らしいことなので、TOEICを英語学習熱を保ち続けるための一つの燃料にするのは構わないと思います。そうして磨いた英語力を、仕事や趣味で自分の人生をより豊かにするための武器にできるといいですよね。私の場合、TOEICのおかげで自分のネットワークが広がったので、それだけでも満点を取った甲斐があったと思っています。

今回のTOEICでスコアが良かった方は、TOEICを卒業して次のステップに進んだり、さらに上を目指したりと、それぞれ次なる目標に向かい、さらに力強く前進してください。スコアが目標に達しなかった方は、「本気になればすべてが変わる」(松岡修造著 文藝春秋)を読まれると元気が出るかもしれません。

この本は、元ウィンブルドンベスト8のテニスプレイヤーで、現在はスポーツキャスターとして大活躍の松岡修造さんの最新刊です。

「消極的な気持ちになったときには、前向きな言葉をあえて口に出す」
「ピンチのときでも学べることは何かある。絶望せず、アクションをおこしてみよう」
「人生にはチャンスの風が何度も吹く。一つの好機を逃しても自分を責める必要はない」
「過去があるから、いまの自分がある。終わったことをいつまでも悔やむのはやめよう」

などと元気の出る言葉が満載です。

私の場合は、「満点逃してよかった。あんまり満点ばかりだと嫌味だしね。あと一歩で満点を逃した時の悔しさも分かるし」と「超ポジティブ思考」に切り替えます。というか実際そう思うようにします。そうすると、きっと幸運の風が吹いてくるんですよね。たぶん。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.