FC2ブログ
TOEIC本妄想
「え、トーイック? 何それ? あ、そうか。あれだよね。ブッチャーの秘密兵器。ピンチになったらさ、レフリーの陰に隠れて、つま先のとがった靴で相手の急所を蹴るやつ。あれってさ、なんでジョー樋口は見逃すのかね。いつも腹立つんだよなあ」

「いちおう突っ込んどくけど、それは、トーキック。俺の言いたいのはトーイック。英語の試験なんだけど」

「ふーん。英語の試験って英検しか知らないなあ。ところでさ、ブッチャーってさ。キラー・トーア・カマタと似てるよね。あれ絶対兄弟だよ。流血大王ブラザーズだよね・・・」

とまあ、昔のプロレスファンにしか分からないネタですが、多分、20年前ならこういう会話が交わされたとしても不思議はなかったと思います。ちなみに20年前の1989年、TOEICの年間受験者数は26万8千人でした。今の6分の1程度です。それを考えるとこの20年でTOEICの受験者数の伸びはすごいですよね。今は恐らく20~30代の認知率は9割を超えているのではないでしょうか。

そうなるとですね。当然、書店には玉石混合、もう嫌になるほどの「TOEIC本」があふれてしまうわけです。素晴らしい内容のものもあれば、TOEICをあまり知らない作者が適当に作ったとしか思えないものまで、くらくらするほどの種類の多さです。初めてTOEICを受ける人なんて書店のTOEICコーナーの前で呆然と立ち尽くしてしまうのではないでしょうか。本当にどれを買っていいものやら分かりませんよね。

この状況下では、新しい切り口のTOEIC本を出すのは至難の業でしょうから、出版社も大変なはずです。実際、公式以外のTOEIC本で10万部以上売れた本ってほとんどないと思います。「スピードマスター英単語」や「緑本」ぐらいでしょう。じゃあ、このままこういう状況がずっと続くのかというとですね、私の業界もそうですが、「もう新商品なんて無理」と思ったところにですね、コロンブスの卵的な商品って出るんですよね。これが。オバマ本などは好例ではないでしょうか。おかげで今は書店に行くとオバマ本の嵐です(笑)

私も昨日の夕食の席で、「パート1の写真を全部グラビアのお姉さんにして、リスニングもセクシーボイスで」と神崎さんに提案したら、笑いながら「じゃあ、TEXさんやれば」と言われてしまいましたが、それは極端としても、ちょっとひねった本があってもいいかもしれませんね。ということでTOEIC本を妄想レベルで3案考えてみました。

1. 「TOEIC TEST TEX’S BOOTCAMP」
ビリー隊長風に、「地獄のパート2特訓500問」という副題にして、一冊丸ごとパート2対策にした本です。表紙には炎をあしらって、見出しも、「地獄のWH問題100問」なんていかにも辛そうな文字を並べます。本の中身の要所要所では、「疲れたら休んでもいい。でもあきらめるな」「自分に負けるな」「痛みなくして得るものなし」等のセリフを散りばめます。当然500問終了したら、「ビクトリー」の文字と音声が流れます。ってまあそこまで露骨にパクルのはもちろんNGですが、そういうイメージの本です。パート2はスコアアップが容易なので、500問解けばスコアアップ効果も実際にあるはずです。

2. 「萌えて覚える TOEIC TEST必須単語」
萌え系の派遣OL(国際花子)さんが、会社の中で仕事を通じて成長するいう設定で、例文も彼女のOLライフに特化したものにしつつ、TOEIC必須単語を学べるようにします。例えば、impending mergerであれば、Hanako is worried about rumors of an impending merger because she is a haken (non-regular) worker and may be laid off. などという例文でストーリー仕立てで覚えられるようにします。もちろん、可愛いイラストを表紙や中身にふんだんに散りばめます。

3. 「小説 夢をかなえるTOEIC TEST」
二ヵ月後に600点取らないと大学二年に進級できない。そんな英語嫌いの僕の前に現れたのは、どうみても「フーテンの寅さん」にしか見えない関西弁を話す怪しすぎる家庭教師TEX加藤だった。疑いの目を向ける僕に、「大体やな、神崎君も、ヒロ前田君も、そうそう、ロバート・ヒルキ君もやな、ワシが育てたんやで。そのワシが教えるんやから、大船に乗ったつもりでええよ。自分そもそも600点目指しとんのやろ。そんなん、楽勝やで」などと自信ありげに言いつつ、いつの間にか僕の母親にもすっかり気に入られたTEXとのTOEIC特訓が始まった。

こうしたストーリーの中に、「パート2のWH問題はやな、YES/NOは不正解。そんなん当たり前田のクラッカー」「リーディングの語彙問題は分からんかったらさっさと捨てる。語彙問題なだけに、“ごーいん”に捨てる」といったしょーもないギャグや、「自分な、時間管理っちゅう考えがそもそもないやろ。それでどないして600点取れるっちゅうねん。無理に決まっとるで」などといったスコアアップのためのポイントを盛り込み、例題を入れ込みます。最後は無事主人公が600点を突破し、更には英語に興味が芽生えるというハッピーエンドにします。

おっと。段々売れそうな気がしてきました(笑) こんな妄想を膨らませるより、今週末のTOEICとTBRに備えて、研修で学んだことの復習でもするとします。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.