FC2ブログ
将棋とTOEIC(後編)
「先を読む頭脳」の共著者の科学者二名が、将棋のプロ同士の実戦譜の一場面を取り出して、プロの棋士に3秒で覚えてもらう実験をしたところ、なんと正解率は9割以上だったそうです。将棋の駒は全部で40枚ですから、持ち駒も含めてせいぜい3、4枚しか間違えないことになります。驚異的な記憶力ですよね。もちろんアマチュアだと、特に駒がたくさん動く中盤以降はこうはいきません。この部分は以下のように分析されています。

思考の中身を調べると、中級者ぐらいまでとプロ棋士の思考には決定的な違いがあることがわかってきました。それは、プロ棋士は思考の非常に早い段階で「(殆ど見た瞬間に)手の善し悪しがわかるという点です。明らかに、先読みを行う以前に「感触の良さそうな手」「味の良さそうな手」といったことがわかっているのです。

この違いは、アマチュア有段者は、やはり局面を定跡形という頭で覚えた知識に頼っているのに対して、プロ棋士は一局の将棋を一つの流れの中で、「絶対将棋観」とでもいう感覚で捉えているからではないかと考えます。したがって、全部の駒を見て覚えなくても、「ここにはこういう駒がなければならない」というような感覚で局面を再現できるのだと思われます。


極論ですが、これはTOEICでも同じことが言えるのではと思います。恐らくですが、R450点以上の方は、実際の試験の際、パート5では、ぱっと問題を見た時に、「TOEIC的あるいは英語的にここはこれしかない」といった「絶対TOEIC観」「絶対英語観」的な感覚で正誤を判断できるケースが多いはずです。「ありえない手を捨てる能力」ですね。

選択肢の中から、一見して良さそうな答えを見つけ、念のためにロジカルに他の間違いの選択肢を排除するイメージです。950点以上の受験者であれば、2つの答えのどちらかで迷うことはあっても、3つ以上の選択肢で迷うことはまずないはずです。ぱっと見で悪くても2択にできるので、解くスピードも正解率も当然上がります。その逆に、パート5が苦手な方は、あれこれ悩み、頭の中で文法の公式を一生懸命思い出すなど、「定跡」に頼るケースが多いのではないでしょうか。もちろん、こうした思考は、次なる飛躍のために必要なステップですし、TOEICの点数が上がるにつれて、次第に解答速度も精度も上がります。

では、どうやってこの「絶対TOEIC観」を身につけるかというと、羽生さんも述べているように、繰り返しによって「型」を身に着けるしかないのではと思います。まずは簡単な詰め将棋を解くように、基礎的な文法の知識を身につけ、その上で多読や問題演習によって型を感覚として身につけるイメージです。

将棋とTOEICの共通点として感じる点がもう一つあります。羽生さんのようなトップ棋士でも、めちゃくちゃに駒を動かした初心者同士の対戦の棋譜は覚えることができないそうです。「プロ棋士が指した将棋のような意味ある局面、将棋としてあり得る局面」に記憶力が限定されているわけです。これはTOEICでも同じで、ETSが製作した問題のクオリティが高いからこそ、高得点者が問題を覚えたり、正解を見つけられるのだと思います。逆に言えばそういう風に問題が製作されていることになります。

私もそうですが、素人将棋では、「飛車を成りたい」「金が欲しい」などと、目標から「逆算」して考えるケースがほとんどです。自分の王様がピンチなのに飛車成しか目に入らない(笑) ところが、上級者になると、見た瞬間にその将棋の流れと、その場面の位置付けが分かり、まずどうすべきかという結論が先に浮かぶのだそうです。つまり「順算」です。

これはとても面白いなあと思ったのですが、TOEICでも、「これが主語でこれが述語、これが関係代名詞で、空欄の後ろが動詞だ。ということは、空欄に入るのは副詞のはずだから、答えはコレだな」と逆算的に考えると、解くのにすごく時間が掛かりますよね。でも、ぱっと見て、「あ、ここはこれだな」と英文の流れで正解を選べれば、解答時間がずっと短縮されます。

とつらつらと書いてきましたが、要は、考えれば考えるほど将棋とTOEICって共通点が多いなあと改めて感じるのです(私の勝手な思い込みでしょうか)。ということで、「国際花子の憂鬱」「勝つためのTOEICメンタルトレーニング」に続くTEX加藤のTOEIC対策本第三弾は、「将棋で学ぶTOEIC」です。初版で絶版確実ですね(笑)

参考になる部分がありましたら、下にあるバナーなど押して頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
将棋とTOEIC(前編)
セブンイレブンのエクレアの新商品「エクレールショコラ」にすっかりはまり、体重が気になる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。このエクレア、売り切れ間近らしいですから、甘いもの好きの方は是非食べてみてください。コンビニのスイーツとは思えない美味しさです。

さて、今日は、「将棋とTOEIC」という以前も取り上げた話題について偉そうに書きます。

先日、「先を読む頭脳」(新潮社)という本を読みました。将棋の羽生名人に二人の科学者がインタビューを行い、その思考法を解き明かそうとする試みをまとめたもので、英語学習と通じる部分がとても多く、非常に興味深い一冊でした。以下、本を紹介しつつ、TOEIC学習と無理やり絡めてみます。

羽生さんは、プロの世界に入るまでは、将棋は独学・独習だったそうです。誰かに「こうしろ、ああしろ」と強制されたり、師匠の下で修行することなく、将棋の本を読み、詰め将棋を解き、道場に通ったり大会に参加して、「自分で考えて」強くなったのです。この部分について、科学者の方のコメントは以下の通りです。

自分がどんな学習上の問題を抱えていて、どうしたらその問題を解決できるのかを自分で判断して、自分に合った方法を見つけていくことが肝心です。もちろん、他人の勉強法を読むことで、自分に合った方法を見つけるヒントを掴むことはありますが、「自分なりのスタイル」ということが重要なのです。学習者が直面している問題というのは、その人によってみんな違っているのです。これは当たり前のことなのですが、実は意外と忘れがちで、「万人に共通の良い方法」とでも言うべきものがあるかのように思ってしまうのです。

これは英語学習についても非常に大切なことだと思います。私の言うことは参考程度に聞いて、自分で試行錯誤して自分なりの英語学習法やTOEIC対策を見つけるのがベストです。私の場合、「1万問解く」という方法で「950→満点」を達成しましたが、これは、TOEIC対策の方法を試行錯誤する中で、「問題をたくさん解く」という方法が自分に一番合っていたからです。全ての受験者にとって必ずしもこれがベストだとは思いません。

パソコンの画面上での研究は、「目で見ている」という感覚になってしまいます。それに比べて盤上で駒を動かしていると、「手で覚える」という感じがします。両者を比較した場合、やはり手で駒を握るという感覚がとても大事なのだと思います。将棋を勉強する際には、駒を並べて動かしていくのが、間違いなく効果的です。

これは私も感じます。画面上でライティングの練習を行ったり、学んだことを書き記すより、ノートに手で筆写した方が学習効果が定着しやすいように思います。まあ、今の若い人たちは違う感覚を持っているかもしれませんが。ですので、TOEICの問題集を解く時も、本を見て頭で答えて済ませるのではなく、なるべくノートに答えを書いたり、緑本なら本に○×を書き込んだりしています。

机上の空論や研究だけでは、見えてこない部分。それは実戦を通して身に着けていくしかないと思います。実戦を積むこと、最終的には、これが最も大事な勉強方法なのかも知れません。

これはもう、その通りですね。実際にTOEICを受けることで得られるものが一番大きいと思います。「自分で考え、手を動かし、実際にTOEICを受ける」。当たり前のことですが、これが一番のTOEIC対策ですね。

以下長いので後編に分けます。

参考になる部分がありましたら、下にあるバナーなど押して頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.